警察官不祥事

TOTAL VISITOR

名前
メール
URL
タイトル
コメント
文字色
修正キー (記事の修正や削除などに使用します)
投稿     

About 【 警察官 不祥事 】

このサイトは何も悪口を並び立てることが趣味のサイトではありません。

しかしながら、昨今の情勢を見ると、もはや自浄作用ない現実。インターネットと言う公共のメディアの力を借りることにより、国民の信頼を回復する戒めとなることを期待しています。

私は、優秀な公務員、市民の為に働く人とも面識がありますが、このページに掲載される不祥事を起こす人の数には、驚きとともに失望させられるばかりです。

全国20万人の警察職員や公務員の大半は、職務に忠実な方々とは思いますが、これほど不祥事が多発し、明確な解決策を見出せない今日この頃です。

6254

レス記事(0件)

玄関に鍵がかかっていないことを

宇治署地域課の女性巡査(20) | 2014年7月18日(金) 17:26:20

同僚警官の現金窃盗疑い 京都府警、
 警察寮の同僚の部屋から現金を盗んだとして、京都府警は17日、窃盗と住居侵入の疑いで、宇治署地域課の女性巡査(20)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にした。巡査は依願退職した。

 書類送検容疑は3月27日午後7時半ごろ、宇治市大久保町の府警独身寮で同じ階級の女性警察官(25)の部屋に侵入し、財布から1万1千円を盗んだ疑い。また、4月14日午後8時ごろ、金を盗む目的で同じ部屋に入った疑い。

 監察官室によると、4月の侵入時に部屋に戻ってきた女性警官が室内にいる巡査を見つけ、上司に相談して発覚した。巡査は「寮の他の部屋からも数回、現金などを盗んだ。出費がかさんで生活費がほしかった」と供述している。

 巡査は、女性警官が寮の共用スペースにいて不在にしており、玄関に鍵がかかっていないことを確認して侵入。発覚を免れるため財布の現金のうち一部を盗んでいたという。府警の片山勉首席監察官は「警察官として言語道断の行為。職員の職務倫理教養を一層徹底する」とコメントした。



6253

レス記事(0件)

セクハラなどの行為

 兵庫県警監察官室 | 2014年7月18日(金) 17:24:13

セクハラで巡査部長戒告=部下の女性巡査に−兵庫県警





 兵庫県警監察官室は18日、部下の20代の女性巡査にセクハラなどの行為をしたとして、40代の男性巡査部長を同日付で戒告処分にした。
 監察官室によると、巡査部長と巡査は同じ署の地域課勤務だった2月中旬ごろ、夜間勤務でパトカーに乗車。その際、巡査部長が巡査の報告漏れを厳しく叱責し、泣きだした巡査の右手を両手で握るセクハラ行為をした



6252

レス記事(0件)

児童に気づくのが遅れた

小城市40代の男性巡査部 | 2014年7月18日(金) 17:22:17


小城市 パトカーにはねられ男児けが



けさ、佐賀県小城市で登校中の小学生が横断歩道上で佐賀県警のパトカーにはねられ、軽傷を負いました。

きょう午前7時40分頃、佐賀県小城市の国道203号で、横断歩道を渡っていた小学4年の男の子(10)が直進してきたパトカーにはねられました。

男の子は転倒した際に目の付近を切る軽傷を負いました。

パトカーを運転していた40代の男性巡査部長は「右折に気をとられて児童に気づくのが遅れた」などと話しているということで、佐賀県警が自動車運転処罰法違反の疑いで調べています。

佐賀県警は、「被害者ならびにご家族、県民の皆様に深くおわび申し上げます。今後とも職員に対する指導を徹底して参ります」とコメントしています。



6251

レス記事(0件)

着服したとして

小松川署生活安全課の男性巡査部長(46) | 2014年7月12日(土) 16:22:41


「タスポ」を着服 容疑の男性巡査部長を書類送検

産経新聞

 捜査で押収したたばこ自動販売機の成人識別ICカード「タスポ」を着服したとして、警視庁は11日、業務上横領の疑いで、小松川署生活安全課の男性巡査部長(46)を書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。同庁によると、巡査部長は「自分のだらしない性格が原因です」と容疑を認めており、同日付で依願退職した。

 送検容疑は昨年10〜12月、窃盗事件の捜査で押収し証拠品として保管していたタスポカード1枚を自ら使用するために着服したとしている。

 巡査部長は使用歴が残るために実際には使用しなかったという。今年1月に日頃から勤務態度に不満があった上司が巡査部長を追及したところ、計7件にわたって適正に事件処理をしていないことを告白し、不正が発覚した。



6250

レス記事(0件)

警察官としてあってはならない犯行

警部補、呰上(あざかみ)和彦被告(52) | 2014年7月9日(水) 17:2:54

堺署の虚偽調書作成 元警部補に有罪 大阪地裁判決
産経新聞 7月9日(水)15時8分配信

 大阪府警堺署の虚偽調書作成事件で、調書を改竄(かいざん)したとして証拠隠滅罪に問われた同署元警部補、呰上(あざかみ)和彦被告(52)=依願退職=の判決公判が9日、大阪地裁で開かれた。田口直樹裁判官は「警察官としてあってはならない犯行」などとして懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 弁護側は「警察内で不正を行ったのは被告だけではないのに、被告一人が起訴されたのは不公平」として罰金刑を求めたが、田口裁判官は「弁護側の主張を踏まえても、捜査担当者のパソコンを自ら操作して調書を改竄した被告の責任は軽くない」として退けた。

 判決などによると、呰上被告は平成24年12月、留置場で男が暴れた公務執行妨害事件をめぐり、巡査長が男の保護室収容を決めたのに、不在の巡査部長の指示だったとする虚偽調書を作った。検察側は「巡査長の立場では収容を決定できないと誤解し、発覚すれば自分と同僚が処分を受けると考えた」と指摘していた。

 事件では改竄前の調書を公務執行妨害の証拠として検察に提出しなかった当時の署長と副署長のほか、2通の虚偽調書作成に関与するなどした署員6人も書類送検されたが、いずれも不起訴(起訴猶予)となった。



6249

レス記事(0件)

べらんめえ口調の大声で執拗(しつよう)に

群馬県警 | 2014年7月3日(木) 17:57:0

職場で執拗に非難、業務も進まず 福島県警パワハラ自殺
朝日新聞デジタル
警部が自ら命を絶った福島県警山下庁舎。机に遺書があった=福島市山下町
 福島県警捜査2課の警部(51)と警視(52)が4月末に相次いで自殺し、上司だった前捜査2課長(45)=6月27日付で警務部付、7月11日付で警察庁人事課付=がパワハラで戒告の懲戒処分を受けた問題で、県警の調査結果の詳細が朝日新聞の取材で分かった。前課長から、警部は日常的に激しく非難され、担当業務も思うように進まず、同僚に謝りながら死を選んだという。

 「小学生みたいな文章を作ってんじゃねえ」「何やってんの。あんた本当に警部。国語習ってきたの」

 調査結果によると、前課長は昨年12月〜今年4月ごろ、決裁をもらうために文書を持ってきた年上の警部を自席の前に立たせ、他の課員もいる中、べらんめえ口調の大声で執拗(しつよう)に非難し、何度も書き直させた。他の課員2人にも昨年5月以降、「あんたは係長以下だ」などと叱責(しっせき)していた。
.朝日新聞社



6248

レス記事(0件)

下着に片仮名で「ミエコ」

群馬県警 | 2014年6月30日(月) 16:32:22

7年間身元不明、「ミエコ」を「エミコ」人為的ミス認める群馬県警
 東京都の柳田三重子さん(67)が、認知症のため身元不明のまま7年近く群馬県館林市の施設に入所していた問題で、群馬県警は30日、「迷い人」手配手続きで名前の誤記入など人為的なミスがあったとの内部調査結果を公表した。

 調査結果では、館林署が2007年10月30日に柳田さんを保護した際、本人が「ヤナギダ・クミコ」と名乗り、下着に片仮名で「ミエコ」と書かれていたのに、迷い人を全国手配する照会書に「氏名不詳だが衣服には『エミコ』と記載あり」と記入したとしている。

.



6247

レス記事(0件)

計3人にパワーハラスメント

佐々木太一熊本県警捜査2課長(31) | 2014年6月28日(土) 15:54:1

後任課長に佐々木氏 パワハラ問題で清野前課長は転出
福島民友新聞  警察庁は27日、県警捜査2課の幹部2人が自殺し、自殺した警部を含む計3人にパワーハラスメントをしたとして戒告の懲戒処分を受けた清野隆行前捜査2課長(45)=同日付で警務部付=を、7月11日付で警察庁人事課付とする人事を発表した。後任の2課長には、同日付で佐々木太一熊本県警捜査2課長(31)が就く。
 佐々木氏は岩手県宮古市生まれ。京大法学部卒、東大法科大学院修了。2007(平成19)年に警察庁に採用され、同庁交通企画課係長などを歴任した。

 県警本部長が謝罪
 県警捜査2課に所属していた男性警視=当時(52)=と男性警部=当時(51)=の幹部2人が4月下旬に相次ぎ自殺した問題で、名和振平本部長は27日の県議会福祉公安委員会で「県民に心配を掛け、あらためておわび申し上げる」と謝罪した。
 名和本部長は、警部が自殺した要因の一つに清野前捜査2課長のパワーハラスメントがあったとし、26日付で戒告の懲戒処分としたことを報告。斎藤恒一首席監察官が自殺の調査結果と再発防止策を説明した。
.福島民友新聞



6246

レス記事(0件)

40キロ以上超過したと測定され

京都府警高速道路交通警察隊の20代男性巡査長 | 2014年6月28日(土) 15:47:46

京都府警パトカーが「速度違反」 兵庫の高速道
京都新聞  京都府警高速道路交通警察隊の20代男性巡査長が兵庫県内の高速道路をパトカーで緊急走行中、緊急時最高速度を超過したとして兵庫県警に道交法違反容疑で書類送検されていたこと28日、府警監察官室への取材で分かった。パトカーは高速道路で起きた当て逃げ事故の通報を受け、赤色灯を点灯し、サイレンを鳴らして通報者が待つ現場に急行していた。
 巡査長は起訴猶予になった。同室は巡査長を所属長訓戒、同乗の40代男性巡査部長を本部長注意にした。
 同室によると、パトカーは2月2日、通報者が待つ西宮市内のサービスエリアに向かう途中、速度違反自動監視装置に緊急時最高速度(時速100キロ)を40キロ以上超過したと測定された。道交法は、凶悪犯罪の追跡などでは緊急時最高速度の超過を認めているが、兵庫県警は正当性がないと判断したとみられるという。
.



6245

レス記事(0件)

せっかく検挙したので統計処理

三重県警松阪署刑事課の50代男性警部 | 2014年6月27日(金) 16:7:5

検挙数操作で書類送検 滋賀県警、容疑で署員ら3人
京都新聞 6月27日(金)13時59分配信


 大津北署が覚せい剤事件で逮捕した男の余罪について、統計として警察庁に検挙数を報告する際、三重県警の無関係の事件の内容で報告していたとされる問題で、滋賀県警監察官室は27日、当時の大津北署刑事課の50代男性警部補と同課の30代男性巡査長、三重県警松阪署刑事課の50代男性警部の計3人を公電磁的記録不正作出、同供用容疑で書類送検した。滋賀県警は同日、警部補を本部長訓戒、巡査長を所属長注意とし、三重県警は警部を本部長訓戒にした。
 書類送検容疑は、3人は共謀し、昨年11月18日ごろから同月20日ごろまでの間、大津北署が覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した男(46)の余罪について、関係のない松阪署の2件の事件を余罪として警察庁に報告するため、不正に電磁的記録を作りだし、供用した疑い。
 県警によると、昨年5月、大津北署が覚せい剤取締法違反容疑で男を逮捕。その後、男のDNA型が2010年に三重県松阪市で起きた車上狙いの事件現場に残されていた血液のDNA型と一致した。男はさらに別の窃盗事件も自供した。
 しかし、警部補と巡査長が犯罪統計システム端末で2件の事件を確認すると、すでに松阪署が2件とも他の容疑者で検挙済みとしていたことが判明。警部補は滋賀県警刑事企画課に相談し、同課は統計の二重計上はできないと指導した。
 滋賀県警は10月、松阪市の車上狙い事件で男を再逮捕した。警部補は「せっかく検挙したので統計処理しないといけない」と考え、代わりの検挙データをもらえればよいという趣旨の発言を松阪署の警部にしたという。その後、松阪署から2件の未処理の事件の提供があり、警部補から指示を受けた巡査長が端末に入力し、計上したという。
 警部補と巡査長は「大変なことをした」と話し、3人とも容疑を認めているという。
 両県警は現在、統計を修正する方向で警察庁と協議している。
 滋賀県警の細井良章監察官室長は「警察の犯罪統計に関する信用を失墜するもので誠に遺憾。今後は再発防止を徹底する」とコメントした。
.



6244

レス記事(0件)

仕事のストレスや職場の人間関係の煩わしさから

相模原署地域1課巡査部長の飯田兼一被告(40) | 2014年6月23日(月) 16:20:15

相模原署巡査部長、覚せい剤使用で免職
カナロコ by 神奈川新聞 6月21日(土)7時3分配信

 県警は20日、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された相模原署地域1課巡査部長の飯田兼一被告(40)=横浜市青葉区鴨志田町=を懲戒免職処分にした、と発表した。

 県警監察官室によると、被告は5月12日午前0時ごろ、自宅で覚せい剤を使用したとして逮捕、起訴された。逮捕当時、警視庁の調べに容疑を否認していたが、「仕事のストレスや職場の人間関係の煩わしさから逃れるために使用した」と起訴内容を認めているという。

 同室の聴取に対し、「以前から使っていた。職場で使ったことはない」と説明。相模原署は5月15日、覚せい剤取締法違反容疑で警視庁の家宅捜索を受けたが、押収品はなかったという。

 同室によると、被告は上司に「家庭的なことで悩んでいる」と相談。医師に職場の配置転換を勧められ、今年3月に同署交通2課から移った。逮捕当日は体調不良を理由に休暇を取っていた。

 小清水芳則室長は「上司が親身になって可能な限り指導したが、覚せい剤の使用を把握できなかったことは遺憾。職員の綱紀粛正に努める」と陳謝した。
.



6243

レス記事(0件)

同僚の警察官3人の部屋に侵入し

、第一機動隊の男性巡査(21) | 2014年6月23日(月) 16:18:39

警視庁巡査2人を停職処分、警察寮で金盗む
TBS系(JNN)  警視庁の独身寮で同僚の警察官の部屋から現金を盗んだとして、男性巡査2人が停職処分を受けました。

 停職3か月の懲戒処分を受けたのは、警視庁目黒警察署の地域課に勤務する男性巡査(20)です。警視庁によりますと、男性巡査は今年3月、警察署内にある独身寮で同僚の警察官3人の部屋に侵入し、47万円余りを盗んだということです。男性巡査は、クレジットカードの返済にあてるため、現金を盗んだとみられています。

 また、第一機動隊の男性巡査(21)も、寮内で14万円を盗んだとして、停職1か月の処分を受けました。2人は20日付で辞職しています。

 被害届が出されず、被害額を弁済していることから、警視庁はいずれも刑事事件として立件しないということです。



6242

レス記事(0件)

20代女性の前でズボンを下ろし

機動隊の男性巡査部長(40) | 2014年6月23日(月) 16:17:18

巡査部長が公然わいせつ 容疑で書類送検 兵庫県警
神戸新聞NEXT 6月20日(金)18時53分配信

 兵庫県警は20日、公然わいせつと県迷惑防止条例違反の疑いで、機動隊の男性巡査部長(40)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は、2月3日朝、神戸市北区の路上で、通行中の20代女性の前でズボンを下ろし、下半身を露出した疑い。2012年10月2日朝、同区でオートバイに乗って通行中、20代女性とすれ違う際に胸を触った疑いも持たれている。

 県警監察官室によると、巡査部長は「日頃のいらいらが募ってやった」と容疑を認めているという。いずれも同市須磨区の機動隊への出勤途中だった。

 後日に再度、オートバイを目撃した被害女性の通報などで発覚。巡査部長はほかに計8件の痴漢や露出行為を認めているという。



6241

レス記事(0件)

つじつまが合うよう実況見

大阪府警阿倍野署の元巡査部長、渡辺敏和被告(62) | 2014年6月19日(木) 21:39:26

<警察不祥事>調書改ざん、元巡査部長に有罪 大阪地裁
毎日新聞 6月18日(水)0時56分配信

 ひき逃げ事件の被害者調書を改ざんしたとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた大阪府警阿倍野署の元巡査部長、渡辺敏和被告(62)に対し、大阪地裁は17日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。村越一浩裁判長は「捜査書類の信用性を損なったが、捜査を誤らせる結果にはつながらなかった」と述べた。

 判決によると、渡辺被告は2012年3月、捜査中のひき逃げ事件の証拠が乏しかったため、被害者の供述調書を、容疑車両の運転手やナンバーを見たとする虚偽の内容に改ざん。定年退職後の同年10月、後任の署員に調書の日付の矛盾を指摘され、つじつまが合うよう実況見分調書の日付も書き換えた。

 村越裁判長は、退職後に調書を書き換えた際には署員が被告に新たな用紙を渡したと指摘し、「非常に不適切」と批判した。




6240

レス記事(0件)

酒気帯びの状態

交通機動隊所属で30代の男性巡査部長 | 2014年6月19日(木) 18:32:15

白バイ隊員酒気帯び容疑、静岡県警が書類送検
2014.6.19 18:23
 静岡県警は19日、二日酔いで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、交通機動隊所属で30代の男性巡査部長を書類送検し、併せて停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は白バイなども担当。同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は5月27日午前9時10分ごろ、静岡市清水区の市道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。

 県警監察課によると、巡査部長は26日午後10時〜27日午前2時ごろ、自宅でハイボールを5、6杯飲んだ。呼気からは1リットルあたり0・2ミリグラムのアルコールを検出した。県警に「アルコールが残っている認識はなかった」と話している。

 伊藤博文首席監察官は「県民の信頼に応えるため、指導を徹底し、再発防止に努める」と談話を出した。

.白バイ隊員酒気帯び容疑、静岡県警が書類送検
2014.6.19 18:23
 静岡県警は19日、二日酔いで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、交通機動隊所属で30代の男性巡査部長を書類送検し、併せて停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は白バイなども担当。同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は5月27日午前9時10分ごろ、静岡市清水区の市道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。

 県警監察課によると、巡査部長は26日午後10時〜27日午前2時ごろ、自宅でハイボールを5、6杯飲んだ。呼気からは1リットルあたり0・2ミリグラムのアルコールを検出した。県警に「アルコールが残っている認識はなかった」と話している。

 伊藤博文首席監察官は「県民の信頼に応えるため、指導を徹底し、再発防止に努める」と談話を出した。

.白バイ隊員酒気帯び容疑、静岡県警が書類送検
2014.6.19 18:23
 静岡県警は19日、二日酔いで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、交通機動隊所属で30代の男性巡査部長を書類送検し、併せて停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は白バイなども担当。同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は5月27日午前9時10分ごろ、静岡市清水区の市道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。

 県警監察課によると、巡査部長は26日午後10時〜27日午前2時ごろ、自宅でハイボールを5、6杯飲んだ。呼気からは1リットルあたり0・2ミリグラムのアルコールを検出した。県警に「アルコールが残っている認識はなかった」と話している。

 伊藤博文首席監察官は「県民の信頼に応えるため、指導を徹底し、再発防止に努める」と談話を出した。



6239

レス記事(0件)

二百数十発、刀剣類約30本などを

元府警警部、早崎文夫容疑者(65) | 2014年6月16日(月) 16:39:18

元警部を銃購入容疑で逮捕、16年前に銃密輸で懲戒免職
産経新聞
 拳銃1丁を無許可で購入したなどとして、京都府警は14日、銃刀法違反の疑いで、京都府城陽市寺田深谷の元府警警部、早崎文夫容疑者(65)ら2人を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。早崎容疑者は府警銃器対策課次席だった平成10年に同法違反容疑で逮捕され、懲戒免職処分となっていた。

 ほかに逮捕されたのは、奈良市敷島町の古美術商、足立豊比古容疑者(65)。早崎容疑者はすでに4月、拳銃所持の疑いで現行犯逮捕され、5月に同法違反罪で起訴されている。

 早崎容疑者の逮捕容疑は25年夏ごろ、奈良県内で足立容疑者から自動式拳銃1丁を数十万円で無許可購入したとしている。

 府警によると、早崎容疑者が拳銃類を所持しているとの情報提供があり、4月25日に早崎容疑者の自宅とレンタル倉庫を家宅捜索。明治時代製とみられる拳銃3丁を押収し、現行犯逮捕した。

 ほかに拳銃やライフルのようなもの7丁、実包のようなもの二百数十発、刀剣類約30本などを押収。うち1丁が拳銃と判明し、入手経路を調べたところ、足立容疑者が浮上した。

 2人は古物関連のイベントを通じて知り合い、数年前から取引していたとみられる。

 早崎容疑者は10年7月、旧式銃の弾倉などを密輸入したとして銃刀法違反容疑で逮捕。さらに、府警本部のロッカー内に明治初期の外国製とみられる旧式銃や実弾を隠し持っていたとして再逮捕され、同罪などで懲役7年の実刑判決を受けていた。
.



6238

レス記事(0件)

一目ぼれした

本部施設課の男性警部(45) | 2014年6月13日(金) 13:59:29

ストーカー行為で警部停職=2年8カ月付きまとう―愛知県警
時事通信 一方的に好きになった20代女性に、約2年8カ月にわたって付きまとったとして、愛知県警は13日、本部施設課の男性警部(45)を停職3カ月の懲戒処分とした。ストーカー規制法違反容疑で同日、書類送検する。警部は辞職した。
 県警監察官室によると、警部は街角で見掛けた女性に好意を寄せ、2011年7月ごろ〜今年3月、JR名古屋駅周辺などで待ち伏せを繰り返し、「好きです」と声を掛けたり、スマートフォンで撮影したりした。
 女性から相談を受けて県警が捜査し、付きまとっていたのが警部だと判明。3月に同法に基づく警告を行った。警部は結婚しているが、「一目ぼれした」と話している。



6237

レス記事(0件)

事故を起こしたのに申告しなかったとして

滋賀県警科学捜査研究所の元所長(55) | 2014年5月31日(土) 17:34:59

元科捜研所長を不起訴…オートバイで飲酒事故
読売新聞 オートバイを飲酒運転し、ガードレールに衝突する事故を起こしたのに申告しなかったとして、道交法違反容疑で書類送検された滋賀県警科学捜査研究所の元所長(55)(懲戒免職)について、大津地検は30日、不起訴とした。

 地検は詳しい処分内容は明らかにしていないが、「懲戒免職となり、社会的制裁を受けた」としている。
.



6236

レス記事(0件)

覚醒剤が少量入ったポリ袋を無償

細江署刑事課の巡査部長横山彰一容疑者(39) | 2014年5月30日(金) 17:4:47

薬物捜査担当の警官、覚醒剤譲渡の疑いで逮捕 静岡
 静岡県警監察課は28日、細江署刑事課の巡査部長横山彰一容疑者(39)と住所不定の40代の男を覚醒剤取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕し、発表した。2人は容疑をおおむね認めているという。

 監察課によると、2人は共謀し、4月12日夜、浜松市天竜区の山中に止めた車内で、男が知人の30代の男に覚醒剤が少量入ったポリ袋を無償で譲り渡した疑いがある。

 その数日後、薬物捜査を担当する横山容疑者の情報をもとに、細江署が30代の男の自宅を家宅捜索。覚醒剤は見つからなかったが、尿検査で覚醒剤の使用が確認できたとして同法違反(使用)の疑いで逮捕していた。



6235

レス記事(0件)

47件計約29万円の不適正な使用

札幌中央署の40歳代の男性警部補 | 2014年5月30日(金) 17:0:12

北海道警の警部補、捜査費4万円だまし取る
読売新聞 北海道警は29日、捜査費などをだまし取ったとして、札幌中央署の40歳代の男性警部補を詐欺容疑で札幌地検に書類送検した。

 道警監察官室は同日付で警部補を懲戒免職とし、監督責任として当時の署長ら5人を本部長注意などとした。

 発表では、警部補は2012年12月〜13年10月、4回にわたり、捜査協力者との飲食代名目で捜査費や捜査報償費などの執行を上司に申請し、計4万円をだまし取った疑い。だまし取った金は知人女性との飲食代に充てていた。過去5年間に警部補が使用した捜査費などの使用状況を調査したところ、送検容疑の4件を含む47件計約29万円の不適正な使用が見つかり、警部補は全額を弁済した。

 警部補はまた、13年5月に捜査協力者から個人的に飲食代など約22万円を借りるなど、不適切な交際もしていたという。
.



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]

管理者 謎の管理人