警察官不祥事

TOTAL VISITOR

名前
メール
URL
タイトル
コメント
文字色
修正キー (記事の修正や削除などに使用します)
投稿     

About 【 警察官 不祥事 】

このサイトは何も悪口を並び立てることが趣味のサイトではありません。

しかしながら、昨今の情勢を見ると、もはや自浄作用ない現実。インターネットと言う公共のメディアの力を借りることにより、国民の信頼を回復する戒めとなることを期待しています。

私は、優秀な公務員、市民の為に働く人とも面識がありますが、このページに掲載される不祥事を起こす人の数には、驚きとともに失望させられるばかりです。

全国20万人の警察職員や公務員の大半は、職務に忠実な方々とは思いますが、これほど不祥事が多発し、明確な解決策を見出せない今日この頃です。

5479

レス記事(0件)

書類の点検や作成が面倒だった

境署の男性巡査部長(28) | 2012年6月14日(木) 16:44:12


男性巡査部長、捜査書類隠す 停職1カ月の懲戒処分 茨城

産経新聞
 万引など3件の捜査書類を隠したとして、県警監察室は13日、境署の男性巡査部長(28)を公用文書毀棄の疑いで水戸地検に書類送検するとともに、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性巡査部長は同日、依願退職した。

 同室によると、男性巡査部長は平成20年3月下旬から今年2月中旬までの間、竜ケ崎署地域課、異動先の境署生活安全課で受理した2件の万引と自転車盗事件の捜査書類を自宅宿舎や署の倉庫に隠した。いずれの事件も別の警察官が書類を作り、処理は済んでいる。

 境署の上司が巡査部長の自宅を訪問した際に段ボールに隠していた書類を発見したことなどから発覚。巡査部長は「書類の点検や作成が面倒だった。ばれたら怒られると思い隠した」と話しているという。

 同室の矢口正治監察室長は「再発防止策を徹底し、県民の信頼の回復に努めます」とコメントした。



5478

レス記事(0件)

事故を届けなかったとしている

平松徹夫・前県公安委員長(63) | 2012年6月13日(水) 17:20:33


事故不申告:公安委員長を書類送検、引責辞任 /大分

毎日新聞  別府署は12日、人身事故を届け出なかったとして平松徹夫・前県公安委員長(63)と同署地域課の20代男性巡査を、自動車運転過失傷害と道交法違反(事故不申告)容疑で大分地検に書類送検した。

 平松前委員長の容疑は、今年4月、市内でワゴン車を運転中、飛び出してきた男児をはねてけがさせたが、事故を届けなかったとしている。同月23日に引責辞任した。

 巡査の容疑は、昨年11月、市内で軽乗用車を運転中、自転車の70代男性をはねたが、事故を届けなかったとしている。県警監察課は12日付で本部長訓戒とした。【田中理知】



5477

レス記事(0件)

女子中学生にみだらな行為をしたとして

高知県警男性巡査(19) | 2012年6月13日(水) 17:18:55


巡査を停職6カ月懲戒処分=女子中学生にみだらな行為―高知県警

時事通信 6月13日(水)16時35分配信



 高知県警は13日、女子中学生にみだらな行為をしたとして先月、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した男性巡査(19)について、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査は同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、巡査は「女の子と知り合って遊びたかった」と話しているという。 



5476

レス記事(0件)

裁判所書記官が立ち会わせなければならないと

 千葉地裁 | 2012年6月13日(水) 16:33:11


<千葉地裁>7容疑者を不当勾留 地検が全員釈放

毎日新聞
 千葉地裁が今月2日、容疑者の身柄を警察の留置場などに置く勾留手続きを誤ったため、傷害容疑などで逮捕された7人が数日間不当に勾留されていたことが分かった。地裁から手続きミスの連絡を受けた千葉地検は同6日にいったん全員を釈放し、5人を再逮捕する事態になった。残る2人については、釈放後に任意捜査に切りかえた。

 勾留手続きは、検察官が裁判官に対して請求し、裁判官が証拠隠滅や逃亡の恐れがあると判断すれば原則10日間、容疑者の身柄拘束を認める。

 関係者によると、千葉地裁の裁判官は2日、逮捕された容疑者の陳述を聞く「勾留質問」などの手続きで、裁判所事務官を立ち会わせた。刑事訴訟法上、事務官ではなく、裁判所書記官が立ち会わせなければならないと定めている。

 千葉地裁は12日現在、ミスを公表していない。別の地裁関係者は「あり得ないミス。勾留への緊張感が乏しいと言われても仕方ない」と話している。



5475

レス記事(0件)

サイレンを鳴らして赤信号の交差点

パトカーは同署地域課の男性巡査長(31) | 2012年6月12日(火) 17:8:21

パトカーと衝突、貨物車横転 男性軽傷

 12日午前9時ごろ、大阪府忠岡町の交差点で、緊急走行中の泉大津署のパトカーと、同府和泉市の自営業の男性(58)の貨物自動車が衝突、貨物車が横転した。男性は右肘に軽傷。

 パトカーは同署地域課の男性巡査長(31)が運転。泉大津市内で火災が発生したと連絡があり、現場に向かう途中だった。

 同署によると、パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入した。詳しい事故原因を調べている。

関連ニューストホホ…覆面パトカーが衝突事故 一時停止しなかった? 軽自動車の女性けが
パトカーと衝突、車の33歳女性けが 岐阜県警
歩行者の男性会社員巻き添え…パトカー追跡バイクが接触事故 3人重軽傷
パトカー、追跡中のバイクと接触 バイクの2人は逃走 
パトカー追跡で橋の欄干に衝突 会社員、車外に投げ出され死亡 愛知



5474

レス記事(0件)

小型カメラを仕掛け

管理課係長、町田誠治警部補(54) | 2012年6月12日(火) 17:4:37

警察署の女子トイレ盗撮!警部補を停職処分
. 埼玉県警は11日、勤務する警察署の女子トイレに小型カメラを仕掛け、盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反などの疑いで逮捕した春日部署留置管理課係長、町田誠治警部補(54)を、停職6カ月の懲戒処分にした。町田警部補は11日付で依願退職した。

 さいたま区検は11日、県条例違反の罪などで略式起訴し、さいたま簡裁が罰金30万円の略式命令を出した。



5473

レス記事(0件)

仲の良さが裏目に出た。

SMクラブ『クラブパティオ | 2012年6月11日(月) 16:34:11

同じ趣味で痛い目に遭った上司と部下

|週刊実話掲載号 2012年6月14日 特大号

 北海道警は、今年2月に風営法違反容疑で摘発したススキノのSMクラブ『クラブパティオ』のステージ上で全裸で縛られていたとして公然わいせつ容疑で逮捕された警察官(巡査長)を、5月17日、ついに懲戒免職処分とした。
 「同店のキャッチフレーズである『日常の仮面を外そう』の通り、捜査員が踏み込んだ際には客の大半が半裸状態。ステージ上には、ボンデージ姿の“女王様”の傍らで赤いロープで手足を縛られた全裸の巡査長が床に転がされていました。彼と一緒に店に来ていた巡査部長は裸に近い状態でしたが、パンツを身に着けていたので逮捕は免れたのです」(社会部記者)

 結果、パンツ一丁だった巡査部長は警察内の処分を待つ身となり、巡査長は略式起訴され10万円の罰金を受けた。
 2人はこのとき、札幌市内にある警察学校で研修を受け、休みだったこの日、巡査部長が以前に行ったことのある同クラブの話をし、巡査長が「ぜひ連れて行って欲しい」と頼みこんだのだという。
 事件後、2人は警察内部でも大きな噂になり居場所がなくなっていたところ、旭川方面管内に異動。有給を使うなどして処分待ちだった。巡査長は懲戒免職になったが、巡査部長も「いかがわしい場所に出入りした」ことを理由に停職1カ月の処分を受け、18日、巡査長を追うように辞表を提出し退職している。
 上司と部下、仲の良さが裏目に出た。



5472

レス記事(0件)

証拠の偽造が

巡査部長三好貴幸(37)、同田口洋平(33) | 2012年6月11日(月) 16:30:17


証拠すり替え警官3人有罪=「偽造は社会問題」求刑上回る―大阪地裁

時事通信
 証拠品の木刀をすり替えたとして証拠隠滅罪に問われた大阪府警八尾署の元警部補久保優二被告(54)=依願退職=ら3人の判決が11日、大阪地裁であった。島田一裁判長は「現職警官による証拠偽造事件で、厳しく非難されなければならない」と述べ、久保被告に懲役3月、執行猶予2年(求刑罰金20万円)を言い渡した。
 巡査部長三好貴幸(37)、同田口洋平(33)両被告=いずれも起訴休職中=は罰金20万円(求刑は各罰金10万円)とし、3人とも求刑を上回った。
 島田裁判長は量刑理由について、「自己保身の動機に酌量の余地はない」とした上で、「証拠の偽造が社会問題となっており、この種の犯罪を防止する必要性が高い」と述べた。 



5471

レス記事(0件)

机上にあった財布からカード1枚

姫路署の男性巡査(19) | 2012年6月10日(日) 16:46:5

19歳巡査を逮捕=寮でカード盗んだ疑い−兵庫県警




 兵庫県警察学校(同県芦屋市)の寮で、同僚の財布からキャッシュカードを盗んだとして、県警捜査3課は9日、窃盗容疑で姫路署の男性巡査(19)=同市=を逮捕した。容疑を認め、「遊ぶ金が欲しかった。約20万円を引き出し、パチンコや飲食代に使った」と供述しているという。
 逮捕容疑は、同校で研修中の先月6日夜、同僚(20)の部屋で、机上にあった財布からカード1枚を盗んだ疑い。
 同僚が再発行の手続きをしたところ、現金が引き出されていたためこの巡査に相談。巡査が盗んだことを認めたという。



5470

レス記事(0件)

イノシシは近くに駐車していた車両にぶつかったとの

男性警部補(32) | 2012年6月9日(土) 16:36:5

伊東市の商店街にイノシシ 警官が射殺

 9日午前8時10分ごろ、静岡県伊東市猪戸の商店街で「イノシシが出た」と伊東署に通報があり、交番から駆け付けた男性警部補(32)がイノシシに4発発砲し射殺した。けが人はなかった。

 現場はJR伊東駅の南東約200メートルのスーパーやパチンコ店などが立ち並ぶ商店街。同署によると、警部補が通行人らに避難を呼び掛け追ったが、イノシシが突然警部補に向かって突進したため、至近距離から発砲した。イノシシは体長約130センチの雄だった。

 同署は「通行人らに危険がないことを確認し発砲した。市民の安全確保のため、適正だった」とした。

 イノシシは近くに駐車していた車両にぶつかったとの情報があり、同署が被害を調べている。



5469

レス記事(0件)

女子高生になってみたかった

同庁交通総務課警部補の塚田和哉被告(38) | 2012年6月9日(土) 16:34:39

女子高生になりたいと女装し露出、警部補懲戒免







.

 警視庁は8日、女装して下半身を露出したとして、公然わいせつ罪で起訴された同庁交通総務課警部補の塚田和哉被告(38)(公判中)を懲戒免職処分とした。




 塚田被告は3月11日夜、東京都武蔵野市のマンションエレベーターに女装して乗り込み、住人の女子高校生(16)に下半身を見せたとして、4月に逮捕された。その後、同市や府中市で、女装して女子中学生らの太ももを触ったり、下半身を露出したりしていたことも判明、都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑でも追起訴された。

 2002年頃から、女装で外出していたといい、調べに対し、「女子高生が好きで、自分も女子高生になってみたかった」と供述しているという。

( 読売新聞)



5468

レス記事(0件)

不備を指摘され、ごまかそうとしたとみている

同署刑事組織犯罪対策課長の警視(44) | 2012年6月9日(土) 16:33:29


虚偽の逮捕状を作成、男性警部補を懲戒処分 警視庁

産経新聞 6月8日(金)21時0分配信



 窃盗事件の捜査をめぐり虚偽の内容で逮捕状を取ったとして、警視庁は8日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、高島平署地域課の男性警部補(50)を書類送検した。同庁は、警部補が逮捕状を請求する際、裁判官に不備を指摘され、ごまかそうとしたとみている。

 警視庁は8日付で、警部補を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分、当時の上司だった同署刑事組織犯罪対策課長の警視(44)ら2人を警務部長訓戒とした。

 送検容疑は、昨年6月、窃盗事件をめぐり盗品等有償処分あっせん容疑で20代の男の逮捕状を請求する際、男1人で質屋で盗品を売却したのに、仲間と2人で行った可能性があるという虚偽の内容を書類に記載し、東京地裁に提出したとしている。

 追跡捜査のために東京地裁に新たに捜索令状を請求した際に事実関係の矛盾が発覚。警部補が不正を認めた。



5467

レス記事(0件)

保管場所は屋根はなく

警部が所属長訓戒、警部補と巡査長が本部長注意 | 2012年6月9日(土) 16:32:21


別府署:事故の証拠品盗難 すぐ発見、署員は処分 /大分

毎日新聞
 別府署の敷地内にあった事故の証拠品となるオートバイのシートが11年11月に盗まれ、管理担当の署員が数日後に別府市内で見つけたことが分かった。担当の3署員は保管管理が不適切だったとして3月に警部が所属長訓戒、警部補と巡査長が本部長注意の処分を受けた。同署は何者かが忍び込んだ窃盗事件とみて調べている。
 同署によると、保管場所は屋根はなく、高さ約1メートルのフェンスなどで囲われ、簡単に乗り越えられる構造。3署員は随時、証拠品確認の見回りをしていたが、事故で車体から外れたシートは、鍵付きの倉庫には入れていなかったという。【田中理知】



5466

レス記事(0件)

触っても何も言わなかったので続けてしまった

県東部警察署地域課男性巡査部長(52) | 2012年6月8日(金) 17:34:42

部下の太ももパトカー内で触る、常習セクハラ巡査部長停職 兵庫県警
2012.6.8 11:11 [公務員不祥事]
 勤務中に部下の20代の女性巡査の太ももや尻を触るなどのセクハラ行為を繰り返したとして、兵庫県警は8日、県東部の警察署地域課に所属していた男性巡査部長(52)を停職3カ月の懲戒処分とした。また、相談を受けながら本人への聞き取りや上司への報告を怠ったとして、男性巡査部長の直属の上司だった警部補(36)を戒告、当時の署長ら4人も監督責任を問い本部長注意などとした。


「何も言わないので触り続け」半年…女性巡査ついに署内で号泣


 県警によると、男性巡査部長は昨年8月〜今年1月、勤務中にミニパトカー内で女性巡査の太ももを触ったほか、交番で2人きりになった際に尻を触るなどのセクハラ行為を10回以上繰り返したという。

 女性巡査が今年2月、署内で「耐えられない」と言って泣き出したことから発覚。県警は当初、強制わいせつ容疑で捜査したが、立証が困難だったことなどから立件は見送った。

 男性巡査部長は「触っても何も言わなかったので続けてしまった。部下を傷つけ、深く反省している」と話しているという。



5465

レス記事(0件)

 セーラー服で女装し下半身を露出

総務課の警部補、塚田和哉被告(38) | 2012年6月8日(金) 17:31:19

セーラー服警察官を免職 同様のわいせつ行為3件確認
 セーラー服で女装し下半身を露出したとして警視庁の警察官が逮捕された事件で、同庁は8日、交通総務課の警部補、塚田和哉被告(38)=東京都武蔵野市境南町、公然わいせつ罪などで起訴=を懲戒免職処分とした。

 同庁によると、同様のわいせつ行為がほかに3件確認されたという



5464

レス記事(0件)

12万円のうち6万円を着服

川合むつみ容疑者(40) | 2012年6月8日(金) 17:14:29

退職者の祝い金6万着服 容疑の群馬県警職員を逮捕 
 群馬県警は8日、退職者に渡す祝い金の一部を着服したとして、業務上横領の疑いで、太田署地域課の事務職員、川合むつみ容疑者(40)=同県伊勢崎市三和町=を逮捕した。

 県警によると、署の親交会費から退職者6人に1人2万円ずつ渡すはずだったが、署の警務課長が祝儀袋に1万円ずつしか入っていないことに気付き、発覚した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は3月29日午後、署の退職者に贈る祝い金12万円のうち6万円を着服したとしている。

 川合容疑者は祝い金を含む親交会費約14万円の管理を任されており、なくなった6万円は別の封筒に入れて持っていたという。



5463

レス記事(0件)

廃棄した可能性が高い

三重県警 | 2012年6月8日(金) 15:33:19


車庫証明申請:1195通を誤って廃棄 伊勢署

毎日新聞  三重県警は8日、伊勢署が、車庫証明の申請書1195通(計約3600枚)を、誤って廃棄した可能性が高いと発表した。

 県警交通規制課などによると、廃棄されたのは08年12月に受理した595通、09年1月に受理した600通の書類。通達で5年の保管期間が定められており、屋外の倉庫に段ボール1箱に入れて保管していたという。5月21日、県内の男性が同署に自身の申請関係書類の情報開示を請求、署員が倉庫を探したが見つからず、紛失に気づいたという。

 今年2月に、保管期限を過ぎた書類を処分した際に、誤って一緒に廃棄した可能性が高い。書類には名前や電話番号などの個人情報が含まれるが、外部流出は確認されていない、としている。電磁記録は残っており、実務に支障はない。

 県警交通規制課の小松雅和課長は「調査を進め、再発防止に取り組む」と話している。【谷口拓未】



5462

レス記事(0件)

感触が良かった

男性巡査部長(52) | 2012年6月8日(金) 15:27:33

部下にセクハラ、警官停職「感触が良かった」
 部下の20歳代の女性巡査にセクハラ行為をしたとして、兵庫県警は8日、県東部の警察署の地域課に勤務していた男性巡査部長(52)を停職3か月の懲戒処分にした。

仕事の間に何気ない風を装い、繰り返し下半身を触っていたといい、「感触が良かったので、何度もやってしまった」と話しているという。

 県警幹部によると、巡査部長は昨年8月〜今年1月、交番から出動したり、パトカーから降りたりする巡査の背後から、足を触るなどの行為を約10回繰り返したとされる。

 県警は同日、監督責任を怠ったとして、上司だった男性警部補(36)を戒告、当時の署長ら4人を本部長注意などにした。

( 読売新聞)



5461

レス記事(0件)

他の証拠を精査すると、パトカーが目撃していたことが

 三尾昌樹副署長 | 2012年6月7日(木) 16:58:10


「署員が事故目撃」 バイク衝突死、南署が発表訂正

京都新聞

 京都市南区で1日、2人乗りのバイクと軽乗用車が衝突し、バイクの女子高校生(17)が死亡した事故で、南署は6日、事故の発見状況について報道発表を訂正し、謝罪した。当初説明では署員2人がパトカーで事故後に現場に通りかかったとしていたが、実際はパトカーがバイクに接近し、署員らが事故を目撃していた。2人が不正確な説明をしていた可能性があるとみて、府警監察官室が調べている。
 南署の説明では、1日午前3時ごろ、現場近くで南署のパトカーが2人乗りのバイク2、3台を発見して追跡したが、途中で追跡を中断。パトカーが付近を検索し、バイクを見つけたので接近し、事故を目撃したという。当初の報道発表の際は「パトカーが路上に倒れている女子高校生を見つけた」と説明していた。
 三尾昌樹副署長は「他の証拠を精査すると、パトカーが目撃していたことが分かった」と話している。



5460

レス記事(0件)

防犯カメラの映像を見て幹部が確認した

静岡県警磐田署の松嶋勝己・前署長 | 2012年6月6日(水) 16:41:17

署員の盗撮、証拠DVD紛失…前署長ら映像確認
静岡県警磐田署の松嶋勝己・前署長(懲戒免職)が署員の不祥事を隠蔽したとして、犯人隠避容疑で書類送検された事件で、署員の不祥事3件のうち盗撮事件の防犯カメラ映像を記録したDVDを、同署が紛失していたことが、捜査幹部への取材でわかった。




 県警は今年4月、磐田署員(当時)が2011年2月、磐田市内のパチンコ店で盗撮したとして、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで静岡地検に書類送検した。DVDには、この事件の犯行状況などを撮影した映像が記録されていた。

 盗撮事件の直後、松嶋前署長らはDVDの映像を当時の署幹部らと確認し、署幹部から松嶋前署長に「本部に報告しましょう」と意見が出たが、松嶋前署長はこれを制止したとされている。

 捜査幹部によると、情報提供を受け、県警が前署長らから事情を聞いた際、DVDの行方が分からなくなっていた。前署長らはDVDの所在について、「どこにあるのかわからない」との趣旨の回答をしたという。

 このため県警は、DVDの映像なしで盗撮事件の捜査を行った。捜査幹部の1人は「(重要な証拠なのに)通常であれば考えられない」と話した。

 磐田署をめぐっては、10年7月〜11年2月、当時の署員3人(いずれも依願退職)に、それぞれ詐欺、窃盗、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いがあるのに隠蔽したとして、松嶋前署長ら幹部5人が今年4月、犯人隠避容疑で静岡地検に書類送検された。元署員3人もそれぞれの容疑で同地検に書類送検された。

 県警は、書類送検を発表した4月26日の記者会見で、元署員の盗撮容疑を「防犯カメラの映像を見て幹部が確認した」と認めながら、「今となっては画像がない」と話していた。

( 読売新聞)



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]

管理者 謎の管理人