警察官不祥事

TOTAL VISITOR

名前
メール
URL
タイトル
コメント
文字色
修正キー (記事の修正や削除などに使用します)
投稿     

About 【 警察官 不祥事 】

このサイトは何も悪口を並び立てることが趣味のサイトではありません。

しかしながら、昨今の情勢を見ると、もはや自浄作用ない現実。インターネットと言う公共のメディアの力を借りることにより、国民の信頼を回復する戒めとなることを期待しています。

私は、優秀な公務員、市民の為に働く人とも面識がありますが、このページに掲載される不祥事を起こす人の数には、驚きとともに失望させられるばかりです。

全国20万人の警察職員や公務員の大半は、職務に忠実な方々とは思いますが、これほど不祥事が多発し、明確な解決策を見出せない今日この頃です。

5559

レス記事(0件)

捜査書類を偽造、

警部補、竹嶌園生(たけしま・そのお)被告(42) | 2012年8月15日(水) 17:7:50


捜査書類偽造の警部補を懲戒免職 滋賀県警

産経新聞 捜査書類を偽造、行使したとして、有印公文書偽造・同行使の疑いで逮捕、起訴された県警高速隊の警部補、竹嶌園生(たけしま・そのお)被告(42)=大津市栄町=について、県警は14日、別の捜査書類も偽造していたとして、同容疑で追送検し同日付で懲戒免職処分にした。

 竹嶌被告は、平成21年に当時勤務していた守山署で、20代の知人女性の戸籍謄本を手に入れるため、捜査用の「身上調査照会書」を偽造、女性の本籍地の市役所に郵送したとして、県警に7月25日に逮捕され、今月14日に起訴されていた。追送検容疑は、高速隊員として勤務していた今年5月、同じ知人女性と同居する男性の戸籍謄本を入手するため、「捜査関係事項照会書」と「身上調査照会書」を偽造し、男性の本籍地の市役所に郵送、住民票と戸籍謄本を入手したとしている。



5558

レス記事(0件)

お世話になった人かもしれないと

愛媛県警の巡査部長 | 2012年8月14日(火) 17:34:29

交通違反者氏名を妻に漏らす 愛媛県警の巡査部長「お世話になった人かも…」
[不祥事]
 愛媛県警の巡査部長が、自ら交通違反で摘発した人の氏名や違反内容を妻に漏らしたとして、県警が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで巡査部長を書類送検していたことが14日までに、県警への取材で分かった。

 県警は7月20日付で巡査部長を所属長訓戒の処分にした。所属や年齢は明らかにしていない。

 県警監察官室によると、摘発されたのは妻の元同僚で、巡査部長は「お世話になった人かもしれないと思い、話してしまった」と説明している。

 書類送検容疑は1月16日、自宅で、摘発した人の情報を妻に話し、職務上で知り得た秘密を漏らした疑い。



5557

レス記事(0件)

警察官が警察官の前でなたを振りかぶったため

管理課の巡査長、新井孝一容疑者(47) | 2012年8月13日(月) 15:42:0

巡査長、路上でなた所持の疑い 自ら「妻殴った」と通報
 群馬県警は、路上でなたを持っていたとして県警留置管理課の巡査長、新井孝一容疑者(47)=群馬県渋川市=を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕し、13日に発表した。「農家だから持っていて当たり前」と容疑を否認しているという。

 県警によると、新井容疑者は12日午後11時25分ごろ、同県沼田市の実家前の路上で、刃の長さ約17センチのなたを正当な理由なく持っていた疑いがある。午後10時50分ごろ、帰省中の新井容疑者が「妻を殴った」と自ら110番。駆けつけた警察官の前でなたを振りかぶったため、逮捕したという。

 県警の小林政夫首席監察官は「県民の信頼を損なう結果で、深くおわびする」と謝罪した。



5556

レス記事(0件)

現実的には難しいといえるだろう。

永田昌也容疑者 | 2012年8月13日(月) 15:36:43


不祥事を起こした警察官が誰なのかを、市民は法的に知る術はあるのか

弁護士ドットコム

不祥事を起こした警察官は誰なの
現職の警察官が日中の海水浴場で少女を泥酔させた上に性的な暴行を加えたとして逮捕されるという、前代未聞の事件が発生した。

逮捕されたのは大阪府警の布施署に勤務していた永田昌也容疑者で、報道によると永田容疑者は同僚の3名の警察官と海水浴場に来ており、その同僚のうち2名についても少女の胸を触るなどした疑いがもたれているようだ。暴行の様子は周りの海水浴客に気付かれていたようで、事件の状況が報じられるにつけ、そのあまりに異常な内容から、とても警察官による犯行だとは思えない人もいるのではないだろうか。

ところが8月8日現在、この事件について永田容疑者以外の警察官の名前は明らかになっていない。

現在のところ逮捕されたのは永田容疑者だけであるが、もし今後他の3名について名前や処罰等が報じられなかった場合、布施署の管轄内に住む市民からすれば、何かあった際に警察に相談に行っても応対する警察官が実は事件の当事者なのではないかという疑念が付きまといかねない。特に女性からすればその不信と不安は大きいのではないだろうか。

それでは、今回の事件に限らずではあるが、警察官が不祥事を起こした場合に市民はその警察官が誰であったのかを法的に知る術はあるのだろうか。刑事事件に詳しい萩原猛弁護士に聞いた。

●事件に関係のない市民には、氏名の開示を強制する方法はない

「今回の事件については、報道によれば、永田昌也容疑者は、準強姦罪で逮捕されたものの、無理矢理ではないと容疑を否認しているとされています。ここで注意しなければならないことは、逮捕されたからといって、その人が本当に犯罪を犯していると断定することはできないということです。逮捕は、あくまで犯罪を犯した疑いがあるということを示しているに過ぎません。」

「まして、逮捕もされていない他の警察官については、犯罪の疑いがあるのかさえ明確ではありません。逮捕され犯人だと断罪された人が、実は無実であったということを我々は何度も経験しています。従って、まずは、冷静に捜査や刑事司法手続きの推移を見守る必要があるでしょう。」

「その上で、これら容疑者の氏名が報道されなかった場合に、一般市民が、その氏名を、法的に知る方法があるかということですが、そのような開示手続を法的に強制する方法は見当たりません。」

●事件の被害者であれば知ることが可能

「ただし、そのような犯罪の被害者となった者については、現行法上様々な被害者支援制度が設けられています。今回の事件のような強姦罪や強制わいせつ罪は、『告訴』がなければ、容疑者を刑事裁判にかけること(=起訴)ができない犯罪=『親告罪』とされていますが、告訴した被害者に対し、検察官は、捜査の結果、容疑者を起訴したのか、不起訴にしたのか、その結果を通知しなければなりません。」

「もし、不起訴になった場合、その処分に納得がいかなければ、被害者は、検察審査会への申し立てができます。更に、起訴された場合には、被害者参加制度があり、刑事裁判に参加し、記録の閲覧・謄写が許され、一定の範囲で被告人質問や意見陳述が可能です。」

「また、被害者の損害賠償請求権を実現するために、刑事手続の成果を利用できる損害賠償命令制度もあります。このような手続の過程で、被害者は、自分に被害を与えたとされている者の氏名を知ることができます。」

●メディアが報道するか、公開法廷を傍聴するか

「しかし、一般市民は、メディアが報道しない限り、それを知るのは困難です。容疑者が起訴されれば、刑事裁判は公開法廷で行われるので、抽象的には刑事裁判の被告人の氏名は、誰でも知り得るとは言えるものの、その裁判がいつ開かれるかが事前に一般公開されるわけではありません。」

つまり、事件に関係のない市民が不祥事を起こした警察官が誰なのかを知ることは、メディアが報道しない限り、現実的には難しいといえるだろう。

残念ながら今回の事件の他にも、神奈川県警の男性警察官による女性警察官に対する集団セクハラなど、警察官による不祥事の報道が続いてしまっている。

このままでは市民からの信頼度の低下はもちろん、真面目に勤務している警察官の士気にも影響を与えかねず、警察全体としてこのような事件が続くことのないよう規律を正してもらいたいものである。

(弁護士ドットコム トピックス編集部)



5555

レス記事(0件)

3300件、倉品容疑者は200件が不正照会で

須坂署小布施町交番の倉品宏(50) | 2012年8月11日(土) 16:36:47

2警官、不正照会3年間で3500件






.
 県警の現職警察官による車両情報漏えい事件で、県警巡査部長で、松本署梓川駐在所の石黒俊雄(60)、須坂署小布施町交番の倉品宏(50)両容疑者が外部に漏らしていた情報は、3年間で計3500件にのぼることが10日、愛知県警の調べでわかった。2人は、情報漏えいの見返りに現金などを受け取ったことも認めており、愛知県警は8月下旬にも加重収賄容疑で再逮捕する。

 石黒、倉品両容疑者は今年2〜4月、長野県警OBで探偵業の平林大生(だいお)容疑者(60)の依頼を受け、職場の端末から警察庁の情報システムにアクセスして車10台分のナンバーを照会。車の使用者名や住所を不正取得し、平林容疑者に漏らしたとして、石黒容疑者らは地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、平林容疑者は同法違反(そそのかし)容疑で逮捕された。

 捜査関係者によると、石黒容疑者は、今年5月までの3年間に4400件、倉品容疑者は420件の照会を行っていたが、このうち石黒容疑者は3300件、倉品容疑者は200件が不正照会で、情報漏えいの対象者は、北海道から九州まで全国に広がっていた。

 平林容疑者は、石黒容疑者には現金を、倉品容疑者には数千円分のビール券を渡していたことを認めている。愛知県警は、現金などの授受が情報漏えいの謝礼とみて、石黒、倉品両容疑者を加重収賄容疑で、平林容疑者を贈賄容疑で再逮捕する。

 一方、名古屋地検は10日、車両9台分の情報漏えいについて、3人を地公法違反で名古屋地裁に起訴した。

◇県警、懲戒処分へ

 石黒、倉品両容疑者の起訴を受け、県警は近く両容疑者を地公法に基づく休職処分とし、愛知県警による事件の全容解明を待って懲戒処分する。

 飯浜誠警務部長は「国民の皆様の情報を保護すべき立場の警察官が情報漏えいを犯し、起訴されたことは極めて遺憾。車両情報の照会理由の確認を重ねて行うなどして再発防止を図る」とのコメントを出した。

 県警は7月25日から、情報システムを使った車両情報の照会業務の緊急点検を開始。警察官や職員に面接し、照会目的と結果を聞き取る作業を進めている。対象となる約1万件のうち、10日までに約6割の点検を終え、県警監察課は「現在までに不適正な事例は確認されていない」としている。

( 読売新聞)



5554

レス記事(0件)

このうち偽造の日付が特定できた

市原署警務課の女性巡査(28) | 2012年8月11日(土) 16:33:41

女性巡査を書類送検 猟銃などの許可証偽造 県警
 勝手に公印を押して猟銃などの所持許可証を偽造したとして、千葉県警は10日、有印公文書偽造・同行使の容疑で市原署警務課の女性巡査(28)を千葉地検に書類送検し、減給10分の1、6カ月の懲戒処分にした。女性巡査は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、女性巡査は千葉西署生活安全課勤務だった昨年12月から今年3月中旬までの間、署長の決裁を受けずに、県公安委員会印を勝手に使って猟銃所持許可証11通と古物商許可証1通などを偽造したとされる。県警は、このうち偽造の日付が特定できた計7通分で女性巡査を立件した。

 また、女性巡査は法律で定められた調査の一部を怠った状態で、同許可証10通を申請者に交付していた。「仕事が忙しく、自分がだらしなかった。申し訳ない」と話しているという。



5553

レス記事(0件)

財布などから現金15万5400円を

元県警機動隊員、寺村真吾被告(25) | 2012年8月11日(土) 16:28:27


元県機動隊員の窃盗:起訴の元隊員を懲戒免職 元隊長ら更迭処分に /高知

毎日新聞 8月11日(土)15時0分配信



 県警監察課は、同僚の財布などから現金を摂取したとして窃盗容疑で逮捕、同罪で起訴されている高知市一宮西町、元県警機動隊員、寺村真吾被告(25)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は10日付。
 同課によると、寺村被告は10年10月〜12年6月ごろの間、南国市大〓甲の機動隊寮で、同僚の男性巡査ら計8人の財布などから現金15万5400円を窃取したという。
 また、監督責任として、当時の機動隊長で現香南署長と同隊副隊長で現総務課公安委員会補佐室長を減給10分の1(6カ月)とし、それぞれ11日付で警務部と警備部に更迭。現機動隊長は本部長注意のみとした。
 香南署長には、同日付で県警警備2課長の市木峰雄警視が着任する。
 加藤晃久本部長は「このような事案を起こし、県民の皆様に対し深くおわび申し上げます。今後は、再発防止はもとより、信頼回復に向けて全力で取り組んで参ります」とするコメントを発表した。【最上和喜】



5552

レス記事(0件)

同僚の本を盗んだ窃盗

山梨県警の10代男性巡査 | 2012年8月10日(金) 15:12:7

警察学校の寮で同僚の本盗む 10代巡査を家裁送致

 山梨県警の10代男性巡査が、同僚の本を盗んだ窃盗の疑いなどで7月に甲府家裁へ送致されていたことが10日、甲府地検への取材で分かった。県警は減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、巡査は7月に依願退職した。

 県警によると、巡査は窃盗と自動車運転過失傷害、道交法違反(事故不申告)の疑いで7月3日に書類送検され、同日懲戒処分された。家裁送致は7月9日付。

 送致容疑は、5月に県警察学校の寮で同僚の本などを盗んだ疑い。4月には山梨県甲斐市で乗用車を運転中に人身事故を起こした際、すぐに事故を届けなかった疑い。



5551

レス記事(0件)

歩いていた女子高生のスカート内をのぞこうとした

県警交通部所属の30歳代の男性巡査長 | 2012年8月10日(金) 15:11:6

巡査長が見上げた先は女子高校生のスカートの中
 滋賀県警監察官室は9日、守山署刑事課の20歳代の男性巡査長を県迷惑行為等防止条例違反(卑わいな言動)、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で地検に書類送検。 この巡査長と、物損事故の書類を適切に作成しなかった県警交通部所属の30歳代の男性巡査長を同日、いずれも停職1か月の懲戒処分とした。2人は同日、依願退職した。

 発表によると、守山署の巡査長は非番だった1月中旬、同県草津市の路上で、歩道より数メートル低い側道に自家用車を止め、歩いていた女子高生のスカート内をのぞこうとした疑い。「何度もやった」と供述している。

 3月中旬には覚醒剤取締法違反事件の捜査で、別の警察官が任意提出を受けた捜査資料について、現場にいなかったのに自分が受理したとする虚偽の捜査資料を作成した疑い。

 一方、交通部の巡査長は2月下旬に担当した物損事故の書類を作成せずに放置し、2005年10月には大津市で起きた窃盗事件について作成中の捜査資料を自宅に持ち帰ったまま、警察署へ提出しなかった。

 小迫正昭・首席監察官は「県民に深くおわび申し上げ、再発防止に努める」との談話を発表した。

( 読売新聞)



5550

レス記事(0件)

調査中の事案であり

北海道警斜里署長柴田利幸警視 | 2012年8月10日(金) 15:9:7

北海道警斜里署長を更迭 女性に不適切な行為か
 北海道警は10日、斜里署長の柴田利幸警視を、同日付で道警本部警務部付とする人事異動を発表した。道警によると、柴田警視は女性に対し不適切な行為をした疑いがあり、事実上の更迭人事。

 道警監察官室は「調査中の事案であり、詳細は一切答えられない。しかるべき時に対応したい」としている。

 柴田警視は、昨年3月22日、斜里署長に着任していた



5549

レス記事(0件)

受理を先送りして旅行をしていたことが

警察庁 | 2012年8月10日(金) 14:50:0


警察の免・停職83人…上半期としては過去最悪

産経新聞  警察庁は9日、被害届や告訴の即時受理と、不祥事の概要や再発防止策を全国で共有する制度の導入を柱とする対策をまとめ、全国の警察本部に実行を指示した。今年1〜6月に免職と停職の懲戒処分を受けた警察官ら警察職員は前年同期より27人多い83人で、警察改革が始まった平成12年以降、上半期としては過去最悪になった。

 警察庁によると、免職は前年同期の16人からほぼ倍増の31人。停職は52人(12人増)に上り、年間で最も多かった14年の138人を上回るペース。また、減給、戒告を含めた懲戒処分者の総数は前年より39人多い205人で、9年ぶりに200人を超えた。

 理由別では、窃盗や詐欺、横領などが52人(19人増)。飲酒による信用失墜行為や異性関係が36人(8人増)、公金や公文書の紛失、公文書偽造が29人(21人増)など。都道府県警別では、警視庁が28人で最も多く、北海道警が22人、大阪府警が15人と続いた。

 昨年12月には、女性2人が殺害された長崎県ストーカー事件で千葉県警習志野署員が被害届の受理を先送りして旅行をしていたことが判明するなど全国の警察で不祥事が相次いでいる。

 こうした事態を踏まえ、警察庁は(1)管轄外の事件でも被害者の届け出を受理し、ほかの警察本部や警察署と連携して対応する(2)被害相談の段階でも緊急性があるものは警察署長に報告し、署長が初期対応を指揮する(3)全国で不祥事データを共有することなど、12項目の対策をまとめた。



5548

レス記事(0件)

には大阪府警と記されていた

箕面署員 | 2012年8月9日(木) 16:40:38

捜査中にバイク盗まれる 大阪・箕面の飲食店

 9日午前3時25分ごろ、大阪府箕面市の飲食店で、箕面署員が暴行事件の捜査をしている際、駐輪場に止めていたオートバイ1台を盗まれた。通行人から「大阪府警と書かれたバイクに乗った少年らが東に走り去った」という110番があり、同署が窃盗事件として調べている。

 箕面署によると、午前3時15分ごろ、男性巡査部長(45)が、暴行事件の捜査のため、防犯カメラの確認に飲食店を訪れ、店の駐輪場にバイクを止めていた。午前3時40分ごろ、巡査部長が店外に出たところ、なくなっているのに気付いた。

 バイクの後部には大阪府警と記されていた。



5547

レス記事(0件)

警察改革が始まった2000年以降、上半期としては

警察職員 | 2012年8月9日(木) 16:19:31


警察職員の懲戒処分、上半期200人超える

TBS系(JNN)  今年1月から6月までに懲戒処分を受けた警察官ら警察職員は去年の同じ時期に比べて39人多い205人に上り、9年ぶりに200人を超えたことが警察庁のまとめでわかりました。

 このうち、免職や停職の重い処分は合わせて83人で、警察改革が始まった2000年以降、上半期としては最も多い結果となりました。

 警察庁は不祥事の概要や再発防止策を全国で共有する制度などの対策をまとめ、全国の警察に指示しました



5546

レス記事(0件)

無題

兵庫県警神戸北署員 | 2012年8月6日(月) 17:21:40

逃走中の車が死亡ひき逃げ 運転の男、容疑で逮捕へ- 産経新聞
 5日午後10時50分ごろ、神戸市長田区長田町の市道で、パトカーに追跡されていた軽乗用車がセンターラインを越え、対向してきた神戸市須磨区のコンビニ経営、岡田日出雄さん(46)運転のミニバイクと衝突。岡田さんは全身を強く打ち、まもなく死亡した。

 軽乗用車を運転していた20代の男は同乗の男児とともに車を放置して逃げたが、兵庫県警神戸北署員が近くのマンションで発見した。男は腕を負傷しており、同署は治療を待って、道交法違反(ひき逃げ)や自動車運転過失致死の疑いで逮捕する方針。



5545

レス記事(0件)

拳銃は銃身に詰め物をしたり

巡査部長、松田敏和容疑者(55) | 2012年8月6日(月) 17:16:11

拳銃所持容疑で警官再逮捕 愛知県警、自宅で1丁押収
名古屋水上署の巡査部長松田敏和容疑者が所持していた拳銃(愛知県警提供)
 愛知県警は6日、拳銃1丁を自宅に隠し持ったとして、銃刀法違反の疑いで、名古屋市守山区守牧町、名古屋水上署生活安全刑事課の巡査部長、松田敏和容疑者(55)を再逮捕した。7月27日、覚せい剤を使用した疑いで逮捕されており、自宅の家宅捜索で拳銃が押収された。

 逮捕容疑は7月27日、自宅の押し入れに米国コルト社製で38口径の回転弾倉式拳銃1丁を所持した疑い。部品がバラバラの状態でプラスチック製のケースに入っており実弾はなかった。

 県警によると、部品の所持は認めているが「部品が足りないので、この拳銃は撃てないと思う」と供述。しかし県警科学捜査研究所で組み立てて鑑定した結果、発射機能と殺傷能力が確かめられたという。

 拳銃は銃身に詰め物をしたり、穴をあけたりして発射機能を除いた「無可動実銃」だったが、穴を埋めるなどした形跡があった。



5544

レス記事(0件)

下半身裸の男が立っている

昭島署地域課の男性巡査部長(52) | 2012年8月6日(月) 17:8:1


海上保安官を逮捕=公然わいせつ容疑―千葉県警

時事通信 歩道で下半身を露出したとして、千葉県警四街道署は6日、公然わいせつ容疑で、横浜海上保安部3等海上保安正小野雅弘容疑者(48)=千葉市若葉区若松町=を逮捕した。同署によると、「野外で裸になることに興奮を覚えた」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は5日午後10時45分ごろ、同県四街道市めいわの歩道で、下半身を露出した疑い。
 同署によると、近くを車で通った女性から「上半身にブラジャーを着け、下半身裸の男が立っている」と110番があった。署員が駆け付けたところ、現場近くで女性物のかつらをかぶった小野容疑者が車の中にいるのを発見。事情を聴いたところ、容疑を認めたという。 



5543

レス記事(0件)

がこのような行為に及んだことは遺憾

同地検男性事務官(45 | 2012年8月4日(土) 16:4:37


強制わいせつ容疑で事務官を処分 広島地検

産経新聞  広島地検は2日、山陽新幹線の車内内で女性の体を触ったとして、同地検男性事務官(45)を停職1カ月の懲戒処分にした。事務官は依願退職した。事務官は7月11日、新幹線車内で女性の胸を触ったとして、強制わいせつ容疑で県警に逮捕され、女性が告訴を取り下げたため、27日に不起訴処分となっていた。阪井博次席検事は「高い職業倫理を求められる検察庁職員がこのような行為に及んだことは遺憾。再発防止に努める」とコメントした。



5542

レス記事(0件)

大変申し訳ない。事故で気が動転し

男性巡査長(28) | 2012年8月4日(土) 16:3:35


男性巡査長を書類送検=自動車事故申告せず―香川県警

時事通信 通勤中に事故を起こし相手方にけがをさせたのに申告しなかったとして、香川県警は3日、県内の署に勤務する男性巡査長(28)を自動車運転過失傷害と道交法違反(事故不申告)の疑いで高松区検に書類送検し、減給100分の10、1カ月の懲戒処分とした。
 巡査長は「大変申し訳ない。事故で気が動転し冷静な判断ができず、魔が差してしまった」と話しているという。



5541

レス記事(0件)

連絡を受けてミスに気づいたという

、県警芦屋署 | 2012年8月4日(土) 16:2:41


<阪急神戸線>パトカー追跡の車、遮断棒折る 連絡先をミス

毎日新聞  3日午後6時25分ごろ、兵庫県芦屋市三条町の阪急神戸線・変電第一踏切で、県警芦屋署のパトカーから追跡されていた白色ワンボックスカーが踏切に進入し、下りていた遮断棒を折って逃走した。同署員は阪急電鉄に連絡しようとして、誤ってJR西日本に連絡。JR西は踏切を確認するために上下線13本を運休させるなどし、約2万人に影響した。阪急に遅れはなかった。

 同署によると、ワンボックスカーは踏切の南約900メートルの交差点で信号を無視したため、パトカーがサイレンを鳴らして追跡していた。ワンボックスカーはその後も信号無視を繰り返し、電車が通過する直前に踏切を突破した。パトカーの署員から連絡を受けた同署地域課員が阪急電鉄に電話する際に番号を間違えた。午後7時10分ごろ、JR西から「踏切に異常は無かった」と連絡を受けてミスに気づいたという。その後、阪急電鉄に連絡した。ワンボックスカーは逃走している。【宮武祐希、米山淳】



5540

レス記事(0件)

女子大学生を見つけたため

同署警務課長代理の男性警部(42) | 2012年8月3日(金) 18:18:54


酒気帯び運転の警部補を停職=女子大生を自宅に送る―警視庁

時事通信  警視庁は3日、酒気帯び状態で車を運転したとして、同庁東京空港署警務課の男性警部補(45)を停職6カ月の懲戒処分にした。警部補は同日付で辞職。監督責任を問い、同署警務課長代理の男性警部(42)も警務部長訓戒とした。
 同庁によると、警部補は4月20日の勤務終了後、大田区内の居酒屋などで飲酒。電車で神奈川県藤沢市の自宅に帰る途中、JR辻堂駅(同市)で終電を逃した10代の女子大学生を見つけたため、自宅にいったん戻って車に乗り、大学生を横浜市まで送ったという。
 自宅に帰る途中の翌21日午前1時55分ごろ、藤沢市の県道で飲酒検問中だった神奈川県警の交通機動隊員に検挙された。
 警視庁の池田克史警務部参事官の話 警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]

管理者 謎の管理人