警察官不祥事

TOTAL VISITOR

名前
メール
URL
タイトル
コメント
文字色
修正キー (記事の修正や削除などに使用します)
投稿     

About 【 警察官 不祥事 】

このサイトは何も悪口を並び立てることが趣味のサイトではありません。

しかしながら、昨今の情勢を見ると、もはや自浄作用ない現実。インターネットと言う公共のメディアの力を借りることにより、国民の信頼を回復する戒めとなることを期待しています。

私は、優秀な公務員、市民の為に働く人とも面識がありますが、このページに掲載される不祥事を起こす人の数には、驚きとともに失望させられるばかりです。

全国20万人の警察職員や公務員の大半は、職務に忠実な方々とは思いますが、これほど不祥事が多発し、明確な解決策を見出せない今日この頃です。

5740

レス記事(0件)

気の毒に思い

山形県警の警部補 | 2012年12月18日(火) 16:22:58

容疑者に携帯使用させる=警部補、便宜供与で処分−山形県警 山形県警の警部補が今年5月、取り調べ中だった容疑者に携帯電話を使わせる便宜供与をしたとして、10月に所属長訓戒処分を受けていたことが18日、県警への取材で分かった。
 県警監察課によると、警部補は5月、警察署で刑事事件の取り調べ中、容疑者から仕事に影響が出るので携帯電話を使わせてほしいと頼まれ、既に押収済みだった携帯電話の利用を認めた。容疑者は外部にメールを送信したという。警部補は、「気の毒に思い、同情してしまった」と話しているという。



5739

レス記事(0件)

事案は相談を受けた本部の女性警官が

前にかほ署次長の男性警部(56) | 2012年12月18日(火) 16:10:6


前にかほ署次長のセクハラ:警部を警部補に降任−−懲戒処分 /秋田

毎日新聞
 県警は17日、女性署員に対しセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)にあたる発言を複数回したとして、前にかほ署次長の男性警部(56)=警務部警務課付=を停職1カ月の懲戒処分とし、警部補に降任したと発表した。監督責任を怠ったとして、同署長の警視(58)を本部長注意とした。処分はいずれも同日付。
.

 監察課によると、前次長は今年8月から9月までの間、同署内で勤務時間中に女性職員1人にひわいな発言をしたという。同課は前次長の認否を明らかにしていない。事案は相談を受けた本部の女性警官が10月14日に同課へ連絡して発覚した。
 前次長は01年の警部昇任以降、今回を含め3回の懲戒処分があることなどから降任処分となった。
 角田秀人警務部長は「指導にあたるべき幹部職員にこのようなことがあったのは誠に遺憾」とコメントした。県警は再発防止のため幹部職員に職務倫理などの教養指導などを行うとしている。【田原翔一】



5738

レス記事(0件)

検察官の公訴提起(起訴)に違法

焼き肉店元店長斎藤猛さん(51) | 2012年12月17日(月) 18:13:38

地検「真摯に受け止める」=横領無罪の損賠和解−山口




 業務上横領罪で起訴され無罪判決が確定した山口県宇部市の焼き肉店元店長斎藤猛さん(51)が国に損害賠償を求めた訴訟で、国が解決金300万円を支払う内容の和解が成立したことについて、山口地検の沢田康広次席検事は17日、「真摯(しんし)に受け止め、引き続き適正な検察権行使に努めていく」と話した。
 沢田次席検事は「検察官の公訴提起(起訴)に違法があるということで和解になったわけではないので、謝罪する予定はない」と説明した。



5737

レス記事(0件)

人通りもあり公衆の目に触れる場所であったにもかかわらず

水戸地方検察庁職員 | 2012年12月17日(月) 17:58:58


水戸地方検察庁職員 公衆の面前でわいせつ行為し停職1か月

NEWS ポストセブン 公務員改革を掲げた民主党政権がシロアリ官僚の言いなりとなっていく間に、官僚たちはこっそり自らの不祥事に「大甘処分」を下していた──。

 ジャーナリスト・佐々木奎一氏が霞が関の全省庁に2009〜2011年度の3年間の懲戒処分と内部処分(*)について情報公開請求し、懲戒処分755件、内部処分1046件の合計1801件の内部資料を入手した。その中身を精査したところ、人事院基準を無視した処分が次々と見つかった。ここでは法務省の甘い処分、報道されていない処分を取り上げる。

 法務省は懲戒処分が366件、内部処分が19件(内部処分は出先機関を含まない本省職員のみ)あった。ちなみに開示対象となった職員数、つまり母数は5万1052人(懲戒処分)、801人(内部処分)である。開示資料に基づき、いくつか不祥事の具体的な内容を紹介する。■は黒塗りだった部分。

・ケースその1
【組織・肩書(処分日)】
水戸地方検察庁■■(2009年7月17日)

【内容】
通行中の被害者(■■歳)にわいせつな行為をしようと企て、路上において声をかけた上、■■に誘い込み、人通りもあり公衆の目に触れる場所であったにもかかわらず、■■、■■、■■などのわいせつな行為をし、引き続き■■敷地内に誘い込み、人通りもあり公衆の目に触れるような場所であったにもかかわらず、■■、■■などのわいせつな行為をした。

【処分】
停職(1か月間)

・ケースその2
【組織・肩書(処分日)】
甲府刑務所■■(2009年7月28日)

【内容】
収容中であった懲役受刑者Xと継続的に私語を交わし、Xの出所後、X及びXの所属する暴力団組長と飲食を共にし、同組長からその飲食(金額不明)の供応を受けた後、Xから、タクシー料金約1千円、■■の宿泊代金8千5百円、同■■へ呼んだ風俗嬢へのサービス提供に伴う代金として、2万円ないし3万円及び、翌日■■駅までのタクシー料金2000円の利益供与を受けるなどした。

【処分】
停職(3か月間)

・ケースその3
?【組織・肩書(処分日)】
福島刑務所■■(2010年1月4日)

【内容】
■■において、同室に収容されていた懲役受刑者Aに対し、自己の陰茎を口淫させるなどの不適正な処遇をなした。

【処分】
免職

・ケースその4
【組織・肩書(処分日)】
中等少年院・榛名女子学園■■(2010年3月30日)

【内容】
複数の女子被収容少年に対して、不快にさせるわいせつな言辞を繰り返すなどした。少年に対し、「(キャバクラで働いたら)おれが客になって遊びにいく」「君は経験した人数が少ないから自信がないんだ、数多くの人とセックスすれば、うまくなるし、自信もつくし、男を喜ばせることができる」などと不快にさせる言辞を弄した。

【処分】
停職(3か月間)

(*注)国家公務員の処分は大きく「懲戒処分」と「内部処分」に分けられる。懲戒処分は重い順に免職、停職、減給、戒告の4種類。処分に応じて、昇給・昇格、期末・勤勉手当(ボーナス)、退職手当(退職金)などに大きく影響する。一方、内部処分は各省庁の内規で定めただけの処分で訓告、厳重注意、注意の3種類。昇給やボーナスに影響が出るケースもあるが、懲戒処分ほどではない軽微なもの。

※SAPIO2013年1月号



5736

レス記事(0件)

通帳などは所有者に返還し、謝罪したという

元警部補の男(64) | 2012年12月16日(日) 17:30:26


元警部補、退職直前に窃盗被害品や捜査書類隠す

読売新聞 在職中に扱った事件事故の捜査書類や証拠品を知人に預けて隠したとして、滋賀県警監察官室は13日、元警部補の男(64)を公用文書毀棄、証拠隠滅の両容疑で書類送検した。

 元警部補は「仕事に追われ、被害品の返還にまで手が回らなかった」と容疑を認めている。

 発表によると、元警部補は県警を退職直前だった2006年3月下旬、交通事故の捜査報告書など書類約50枚のほか、窃盗事件の被害品として押収した預金通帳やキャッシュカードなど約30点を詰めた段ボール数箱を知人男性(68)に預けた疑い。

 今年3月、知人が中身を知って県警に連絡し、発覚した。公訴時効は成立しており、元警部補は不起訴になる見通し。

 県警は通帳などは所有者に返還し、謝罪したという。小迫正昭首席監察官は「厳正に対処し、再発防止に努める」とコメントした。



5735

レス記事(0件)

Tシャツが逆に首元にあることなど

 角田美代子容疑者(64) | 2012年12月15日(土) 17:19:22

“首にTシャツ”認識するも記録せず

TBS系(JNN)
 兵庫県尼崎市の連続変死事件に絡み逮捕された角田美代子容疑者が自殺した問題で、留置場の担当者が美代子容疑者の首にTシャツが掛かっていることなどを確認しながら記録していなかったことが分かりました。

 角田美代子容疑者(64)は、今年10月下旬頃から、「死にたい」などと話し始めたことから、警察は、自殺防止のため「特別要注意者」に指定し、監視を強化していました。

 要注意者の様子は文書で記録することになっていますが、自殺前日の就寝時、美代子容疑者が普段、枕元に置いている黒の長袖Tシャツが無いことや、午前5時半過ぎにはそのTシャツが逆に首元にあることなど、変化を認識しながら一切記録していなかったということです。

 兵庫県警は、「ミスがなかったとは結果として言えない。適切だったか今後検証したい」としています。



5734

レス記事(0件)

髪をつかむなどの暴行を加えていたことが

東村山警察署の巡査部長(47) | 2012年12月15日(土) 17:15:37

相談者へ暴行容疑の巡査部長を書類送検

TBS系(JNN)  警視庁・東村山警察署の巡査部長が、交番に相談にきた男性の髪をつかむなどの暴行を加えた問題で、警視庁はこの巡査部長を書類送検しました。

 特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで書類送検されたのは、東村山警察署の巡査部長(47)です。

 秋津駅前交番に勤務していた巡査部長は今年8月、「当て逃げ被害にあった」と相談にきた20代の男性に、髪をつかむなどの暴行を加えていたことが明らかになったものです。

 巡査部長は男性に名前などを尋ねた際、「なんで名前を言わなければいけないんだ。警察手帳を見せろ」などと言われ、腹を立てたということで、男性は全治10日のけがを負いました。

 警視庁は書類送検とともに減給処分にし、巡査部長は14日付けで辞職しました。



5733

レス記事(0件)

女性にプレゼント

地域課の男性巡査部長(47) | 2012年12月15日(土) 17:11:25


懲戒処分:同僚の金盗んだ容疑で書類送検、巡査を停職3カ月−−警視庁 /東京

毎日新聞 12月15日(土)12時25分配信



 警視庁は14日、同僚から現金を盗んだなどとして、警察学校所属の男性巡査(21)を窃盗と住居侵入の疑いで書類送検した。停職3カ月の懲戒処分とし、巡査は同日、依願辞職した。
.

 送検容疑は、巡査は6月24日と10月26日、警察学校寮の同期や後輩の男性の部屋に侵入し、現金計15万6000円を盗んだとしている。「女性にプレゼントを買えると思った」などと供述している。
 一方、警視庁は、8月26日に東村山署秋津駅前交番を訪れた20代男性と口論になり、胸ぐらをつかむなどして全治10日間のけがをさせたとして同署地域課の男性巡査部長(47)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分にしたと発表。巡査部長は既に特別公務員暴行陵虐傷害容疑で地検立川支部に書類送検されていた。巡査部長は辞職した。【黒田阿紗子】
〔都内版〕



5732

レス記事(0件)

パソコンによる犯罪予告で

 警察庁サイバー犯罪捜査 | 2012年12月15日(土) 17:4:57


誤認逮捕「裏付け不十分」 PC遠隔操作、警察が検証

朝日新聞デジタル  遠隔操作されたパソコンによる犯罪予告で4人が誤認逮捕された問題で、警視庁など4都府県警は14日、パソコン1台ずつに割り当てられるIPアドレスを過信し、供述の検証も不十分だったとする検証結果を発表した。特に神奈川県警は取り調べの捜査員の発言を不適切と認め、幹部ら7人を指導した。懲戒処分は考えていないという。

 警察庁はサイバー犯罪捜査の能力向上を求める通達を全国の警察に出した。

 横浜市のサイトに犯罪予告が書き込まれた事件で、男子大学生(19)を誤認逮捕した神奈川県警は、不適正な取り調べにつながる行為があったと認めた。具体的には、否認する大学生に「『こういう理由で自分がやったのではない』と説明したらどうか」と無実の証明を求めたことを挙げた。



5731

レス記事(0件)

強制わいせつ容疑で逮捕した

名古屋水上署の巡査部長(57) | 2012年12月14日(金) 15:37:0


<愛知県警>わいせつ事件の警部補を懲戒免

毎日新聞
 愛知県警は14日、強制わいせつ容疑で逮捕した警察学校付属警察自動車学校の警部補、鈴木隆則被告(55)を懲戒免職処分にし、学校長の警視正(57)ら3人を本部長注意などとした。また同日、名古屋水上署の巡査部長(57)と元巡査部長(56)=覚せい剤取締法違反などで有罪判決=を窃盗などの容疑で名古屋地検に書類送検し、監督責任がある同署長(55)ら2人を本部長注意とした。

 県警によると、巡査部長は署内で保管中の日本刀2本を無断で自宅に持ち帰った。拾得物管理担当だった元巡査部長が昨年9月に予定していた廃棄処分を怠り、発覚を隠すため持ち掛けたという。【稲垣衆史】



5730

レス記事(0件)

暴力団情報が取れると思ったがのめり込んでしまった

南署刑事課の男性巡査部長(51) | 2012年12月13日(木) 19:8:42

勤務時間中にパチンコ ほぼ毎日 府警、巡査部長を戒告 大阪

 勤務時間中にパチンコを繰り返していたとして、府警は12日、南署刑事課の男性巡査部長(51)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 府警監察室によると、巡査部長は今年8月下旬から10月5日までの間、土・日曜日を除いてほぼ毎日のように大阪市中央区内のパチンコ店に通い、勤務中に各日約1〜3時間、遊技をしたとしている。

 巡査部長は暴力団事件を担当。「パチンコ店に出入りすれば暴力団情報が取れると思ったがのめり込んでしまった」と話している。別の警察官が捜査中にたまたまパチンコをしている巡査部長を目撃し発覚した。



5729

レス記事(0件)

デジタルカメラなどで3回盗撮した

高速隊の男性巡査部長(38) | 2012年12月13日(木) 18:53:18


館内でアニメ映画盗撮3回、巡査部長を書類送検

読売新聞 12月13日(木)13時2分配信



 福島県警は13日、上映中の映画を盗撮したとして、高速隊の男性巡査部長(38)を映画盗撮防止法違反と著作権法違反の容疑で福島地検に書類送検し、減給10分の1(1か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 県警によると、巡査部長は今年7月から8月にかけて、仙台市や福島市の映画館で上映していたアニメ映画をデジタルカメラなどで3回盗撮した。8月に福島市の映画館で撮影していた際、不審に思った従業員が福島署に通報し、発覚した。

 巡査部長は「自宅で見るために撮影した。迷惑はかからないだろうという安易な気持ちでやってしまった」と話しているという。



5728

レス記事(0件)

誰も不正行為の場面を見ておらず

元警部補、山下清人被告(58) | 2012年12月13日(木) 18:51:56


元警部補が無罪主張 飲酒捏造公判最終弁論

産経新聞 12月13日(木)14時46分配信



 飲酒運転の取り締まりでアルコール数値を捏造(ねつぞう)したなどとして、証拠隠滅罪などに問われた大阪府警泉南署交通課の元警部補、山下清人被告(58)=懲戒免職=の公判が13日、大阪地裁(和田真裁判長)で開かれた。最終弁論が行われ、弁護側は「誰も不正行為の場面を見ておらず、検察側の主張は根拠がない」と無罪を主張。山下被告は最終意見陳述で「不正は絶対していません」と述べた。公判は結審。検察側は懲役3年を求刑しており、判決は来年1月23日に言い渡される。



5727

レス記事(0件)

20歳代女性の胸を触るなどした疑い

小松川署地域課の巡査(24) | 2012年12月10日(月) 16:29:31

交通違反車を停止させ、運転女性の胸触った巡査
 警視庁は7日、交通取り締まり中に女性の胸を触ったとして、小松川署地域課の巡査(24)を特別公務員暴行陵虐容疑で書類送検したと発表した。




 停職3か月の懲戒処分とし、巡査は同日付で辞職した。同庁幹部によると、巡査は10月5日未明、東京都江戸川区の路上で交通違反した車を停止させた際、運転手の20歳代女性の胸を触るなどした疑い。容疑を認めているという。

 また、同庁は7日、自ら作成した被害者調書に部下の名を記載したとして、大井署刑事組対課の警部補(42)を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検し、減給100分の10(6か月)の懲戒処分とした。警部補は同日付で辞職。同庁の池田克史警務部参事官は「職員への指導を徹底したい」とコメントした。

( 読売新聞)



5726

レス記事(0件)

142事件で262点の書類などを段ボール3箱に入れて

柏署地域課の男性巡査(30) | 2012年12月9日(日) 17:17:3

「ものぐさで」と警官、証拠品など自宅に隠す
 窃盗などの捜査関係書類などを自宅に隠していたとして、千葉県警は7日、柏署地域課の男性巡査(30)を公用文書等毀棄きき容疑で千葉地検に書類送検した。



 県警監察官室は同日、巡査を停職1か月の懲戒処分にし、巡査は同日付で依願退職した。

 発表によると、巡査は柏署管内の交番に勤務していた2009年4月〜12年1月、担当した窃盗事件など22件について、被害取り下げ願いの書類や現場から採取した証拠品など33点を自宅に隠していた疑い。調べに対し、巡査は「ものぐさな性格からこういうことになった」などと供述しているという。

 巡査は、印西署地域課に勤務した03年4月〜05年2月の分も含めて、142事件で262点の書類などを段ボール3箱に入れて、自宅に隠匿していた。

 県警は、両署の当時の幹部ら14人について、監督責任として本部長注意などの処分とした。小林昇・首席監察官は「警察の信頼を著しく損ねる行為。職責の自覚と職務倫理教養を徹底する」とコメントした。

( 読売新聞)



5725

レス記事(0件)

検察は警察官のもみ消しで

ブラド・ニコラエ被告(26) | 2012年12月9日(日) 17:1:29


日本人女子学生殺害、常習者の事件もみ消しか

読売新聞  【ジュネーブ=石黒穣】ルーマニア・ブカレスト近郊で8月、日本人女子学生の益野友利香さん(20)が殺害された事件で、殺人罪に問われたブラド・ニコラエ被告(26)の初公判が7日、ブカレストの裁判所で開かれた。

 公判では、暴行強盗常習者のブラド被告を放置した警察官の関与も焦点として浮上した。

 検察によると、ブラド被告は過去2年で益野さん以外に6人の女性への暴行、強盗を繰り返し、うち2人を死亡させた。公判では、ブラド被告が2010年夏に起こした最初の事件で、捜査を担当した警察官が被害女性の調書を書き換え、事件をもみ消したことが検察によって明らかにされた。

 公判でブラド被告は、益野さん殺害を含むすべての女性暴行を否認。検察は警察官のもみ消しで、ブラド被告のその後の犯行がエスカレートしたと見ており、被告による警察官買収がないかなど、追及する構えだ。



5724

レス記事(0件)

事実をありのまま報告することが恥ずかしかった」と容疑を認めているという。

山科署交通課の男性巡査部長(47 | 2012年12月7日(金) 16:28:56


捜査報告虚偽作成疑い 山科署員を書類送検

京都新聞
 逮捕状を請求する際にうその捜査報告書を作成したとして、京都府警は6日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、山科署交通課の男性巡査部長(47)を書類送検した。府警監察官室は、巡査部長を停職3カ月の懲戒処分にした。
 府警によると、巡査部長は「後で確認状況が不十分と分かったが、事実をありのまま報告することが恥ずかしかった」と容疑を認めているという。
 書類送検容疑は10月10日、京都市山科区で職務質問したオートバイの男性(32)について、道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕状を請求する際、走行距離を約50メートルと実際より長くし、走行方向を逆にするなど虚偽の捜査報告書を作った疑い。
 府警は監督責任を問い、上司の交通課長(51)を所属長訓戒、署長(56)を本部長注意とした。西村元希首席監察官は「警察業務の公正性を害する行為。厳正な業務管理を徹底する」と話した。
 虚偽の捜査報告書などを基に逮捕状が発布され、山科署は10月10日に男性を逮捕した。しかし、事実と異なることが分かり、京都地検は同15日、男性を釈放した。同署が任意で捜査を進めている。



5723

レス記事(0件)

17人に1発ずつ平手打ちした

教官の男性警部補(38) | 2012年12月7日(金) 16:25:50


警察学校教官、学生26人を平手打ちした疑い 書類送検

朝日新聞デジタル  酒に酔って警察学校初任科の学生の男女計26人の顔を平手打ちし、うち1人にあごの骨が折れる大けがを負わせたとして、奈良県警は6日、教官の男性警部補(38)を停職6カ月の懲戒処分とし、学生3人分について、傷害と暴行容疑で書類送検した。警部補は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、警部補は5月25日深夜、奈良市今市町の同校であった懇親会で飲酒後、寮内で学生らに指定した場所に集まるよう命令し、遅れた9人を1発ずつ平手打ち。8月6日夜にも校内での懇親会で飲酒後、寮で勉強などをしていた17人に1発ずつ平手打ちした。うち暴行の跡が残っていた22〜23歳の男性2人と骨折の重傷を負った男性(25)に対する行為について送検したという。

 警部補は「気合を入れて激励するつもりだった。大変申し訳ないことをした」と話しているという。



5722

レス記事(0件)

巡査長は「天下の生田署や」

兵庫県警・生田署の41歳の巡査長 | 2012年12月7日(金) 16:24:30

警官が万引き犯暴行、一部始終とらえる

TBS系(JNN)  警察官の不祥事です。兵庫県警の巡査長が万引きで逮捕された無抵抗の男に対し、顔を殴るなどの暴行を加えていたことがJNNの取材でわかりました。警察は、巡査長を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検する方針です。

「どや、ちゃんと言え」(巡査長)
「だから、ちゃんと言うとるやないか」(男)
「お前、(万引きを)見られとるやろ。確認されとって、なんでファミリーマートで買ったというんや」(巡査長)

 これは今年8月、神戸市中央区でJNNのカメラがとらえた映像です。男の胸ぐらをつかみ上げているのは、兵庫県警・生田署の41歳の巡査長。コンビニで198円の飲み物を万引きした男に対し、巡査長は「天下の生田署や」などと怒鳴りつけた上、男の顔を数回にわたり殴りつけていました。

 「正直に言いなさい」(巡査長)
 「そんだけどつかれたら、はい、とりました」(男)
 「ちゃんと」(巡査長)
 「はい、とりました」(男)
 「ちゃんと言いなさい。間違いないんかい」(巡査長)

 現場に居合わせた人は、万引きした男は暴れたり抵抗する様子は全くなかったと話します。

 「いきなり怒鳴る声が聞こえて、3発ほどこういう音がした。僕はたたいたと直感的に感じましたね。(男は)おとなしかった。そんな逃げるそぶりもしなかった」(目撃者)

 男からの申告を受け、兵庫県警が捜査したところ巡査長は、顔を手でたたいたなどと暴行を認めたため、特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検する方針を固めました。監察官室は、今後、処分を検討するとコメントしています。



5721

レス記事(0件)

刑事課の実績を上げ、上司の評価を得たかった

三条署長だった警視(58) | 2012年12月7日(金) 16:21:0


県警三条署刑事課長の検挙数水増し:容疑で書類送検 「上司の評価得たかった」 当時の署長ら訓戒 /新潟

毎日新聞
 三条署の前刑事課長の男性警部(50)が部下にコンピューターに入力させ、検挙数を水増ししたとして、公電磁記録不正作出などの容疑で書類送検された事件。県警監察官室によると、警部は「刑事課の実績を上げ、上司の評価を得たかった」と話しているという。
.

 監察官室によると、警部が水増しを命じた「不送致余罪」は、窃盗などの軽微な余罪で検察庁に送検されない事件。不送致余罪も署長決裁が必要だが、警部は決裁を得ずに、部下に端末に入力させていた。県警では再発防止のため、各署に対し不送致余罪についても決裁文書をファクスで本部に送るよう指導したという。
 また監察官室は6日、当時、三条署長だった警視(58)、副署長の警視(同)をいずれも本部長訓戒とした。また関与した部下7人も厳重注意処分とした。小林章監察官室長は「職員の業務管理などを徹底し信頼回復に努める」と話した。【塚本恒】



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]

管理者 謎の管理人