警察官不祥事

TOTAL VISITOR

名前
メール
URL
タイトル
コメント
文字色
修正キー (記事の修正や削除などに使用します)
投稿     

About 【 警察官 不祥事 】

このサイトは何も悪口を並び立てることが趣味のサイトではありません。

しかしながら、昨今の情勢を見ると、もはや自浄作用ない現実。インターネットと言う公共のメディアの力を借りることにより、国民の信頼を回復する戒めとなることを期待しています。

私は、優秀な公務員、市民の為に働く人とも面識がありますが、このページに掲載される不祥事を起こす人の数には、驚きとともに失望させられるばかりです。

全国20万人の警察職員や公務員の大半は、職務に忠実な方々とは思いますが、これほど不祥事が多発し、明確な解決策を見出せない今日この頃です。

5860

レス記事(0件)

現場で加野容疑者の懐中電灯が見つかり

高岡署副署長(56) | 2013年3月25日(月) 15:6:59


<富山の夫婦殺害>警官を懲戒免職

毎日新聞  富山市の会社役員夫婦が10年4月に自宅で殺害され、放火された事件などについて、富山県警は25日、殺人などの容疑で逮捕した同県警警部補の加野猛容疑者(54)=休職、鑑定留置中=を懲戒免職にするなど計12人の処分を発表した。このほか、当時の斉藤良雄本部長(53)=現・近畿管区警察局総務監察部長=が警察庁長官訓戒になることも明らかにした。

 処分は同日午前の県議会教育警務委員会で新美恭生本部長が報告した。

 事件の2年前に加野容疑者の親族宅で発生した窃盗事件では、現場で加野容疑者の懐中電灯が見つかり容疑者として浮上しながら、警察官の不祥事を調べる監察部門への報告がなかったなどとして、捜査を担当した当時の県警捜査1課長(58)、富山中央署刑事1課長(52)ら7人が処分された。県警は委員会で「自浄機能の重要性について、十分に配慮が及ばなかった」と説明した。

 加野容疑者が知人に捜査情報を昨年9月に漏えいしたとして逮捕、起訴された地方公務員法(守秘義務)違反事件に関し、加野容疑者が所属していた当時の高岡署長(60)ら3人が本部長訓戒などの処分を受けた。殺人事件当時の高岡署副署長(56)も本部長訓戒。同署長は既に退職している。【成田有佳】



5859

レス記事(0件)

市内のスーパーで昨年12月に食料品など数千円分を万引

県警科学捜査研究所の平野俊則・技官(55) | 2013年3月24日(日) 16:51:20


窃盗容疑で逮捕 技官を懲戒処分 三重県警

産経新聞
 県警は信用金庫のATM(現金自動預払機)コーナーでほかの客が落とした現金を盗んだ疑いで逮捕した県警科学捜査研究所の平野俊則・技官(55)=四日市市川原町=を停職3カ月の懲戒処分にした。平野技官は辞表を提出し承認された。

 県警によると、平野技官は2月25日午後1時50分ごろ、同市陶栄町の北伊勢上野信用金庫川原町支店のATMコーナーで市内の女性(68)が床に落とした現金3万円を盗み、防犯カメラに撮影されていた。平野技官は逮捕後、四日市簡易裁判所から30万円の罰金刑の略式命令を受けた。

 平野技官は精神疾患を理由に平成22年3月から休職中。市内のスーパーで昨年12月に食料品など数千円分を万引したとして、今年2月に窃盗容疑で津地検四日市支部に書類送検され、減給10分の1、6カ月の懲戒処分を受けていた。今回の処分と辞職の承認は、いずれも3月22日。

 県警では今年に入り警察官が盗撮容疑で逮捕されるなど不祥事が続き、警務部の濱口昇首席監察官は「警察職員が県民の信頼を損なう行為をし、県民のみなさまに深くおわびします。今後は再発防止を徹底したい」とコメントした



5858

レス記事(0件)

中学3年の女子生徒に現金を渡し

大和署地域3課の巡査部長(54) | 2013年3月24日(日) 16:48:58


児童買春:女子高生にわいせつな行為 巡査部長を停職処分−−県警 /神奈川

毎日新聞 女子高校生に現金を渡しわいせつな行為をしたとして、県警監察官室は22日、児童買春禁止法違反容疑で逮捕され処分保留となった大和署地域3課の巡査部長(54)を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日、依願退職した。
.

 監察官室によると、元巡査部長は昨年11月3日、横浜市中区宮川町の駐車場に止めた乗用車内で、高校1年の女子生徒(16)に現金1万円を渡し、わいせつな行為をしたとされる。元巡査部長は「22歳と聞いていた」と否認している。
 県警は処分理由の容疑で2月25日に逮捕し、昨年11月に茅ケ崎市のホテルで中学3年の女子生徒に現金を渡しわいせつ行為をした容疑でも追送検したが、横浜地検小田原支部は今月15日、いずれも処分保留として釈放した。【山下俊輔】



5857

レス記事(0件)

11回にわたって計80万円を脅し取ったと

府警亀岡署の警部補・田中秀明容疑者(49) | 2013年3月23日(土) 15:31:51

女子大生から金脅し取り、複数女性と交際の警官
 京都府警は21日、出会い系サイトで知り合った女子大生に対する恐喝容疑で逮捕された府警亀岡署の警部補・田中秀明容疑者(49)を懲戒免職処分とした。
 田中容疑者は「金は別の複数の女性との交際費に充てた」と話しており、府警の西村元希首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。

 一方、大阪地検は同日、田中容疑者を恐喝罪で起訴。起訴状では、田中容疑者は昨年2月〜12月、交際相手の女子大生に「裁判を起こす」「関係が明らかになる」などと記したメールを送り、11回にわたって計80万円を脅し取ったとしている。

( 読売新聞)



5856

レス記事(0件)

逮捕状を持って行く

高島署の男性巡査部長 | 2013年3月23日(土) 15:30:13

高島署員、任意取り調べで威圧 滋賀県公安委が謝罪 高島署の男性巡査部長が暴行事件の容疑者を任意で取り調べた際、「逮捕状を持って行く」などと威圧して不安を与えたとして、滋賀県公安委員会が文書で謝罪していたことが22日、県警への取材で分かった。

 県警監察官室によると、電車内でのトラブルに絡む暴行容疑で昨年7月、同署員が男を任意聴取した。男の「出頭に応じなければどうなる」との質問に、同署員は「逮捕状を持って行く」「捜査を故意に遅らせているように取られる。そんなことするとパクられる」と怒鳴った、という。

 男の申し立てを受けた県公安委が調査し、今年1月、取り調べの一部に問題があったとして男に謝罪した。男は3月、暴行容疑で書類送検された。県警監察官室は「不適切だった点は申し訳ない」としている。



5855

レス記事(0件)

看守としての信頼を得て励ましたかった

山口県の県警監察官室 | 2013年3月21日(木) 16:16:24

励ましたくて…看守が留置中の女の手握り情報漏えい

テレビ朝日系(ANN) 3月20日(水)18時26分配信
 留置していた女に他人の個人情報を漏らし、手を握るなどしていたということです。

 山口県の県警監察官室によりますと、去年9月、留置場で看守を担当していた55歳の男性巡査部長は、逮捕後に留置された40代の女に対し、他人の住所や携帯電話の番号を教えたうえ、必要な許可を得ずに女の手紙を出すなどの便宜を図った疑いです。その際、十数回にわたって女の手を握ったりしたということです。巡査部長は、「看守としての信頼を得て励ましたかった」と容疑を認めているということです。巡査部長は書類送検され、停職3カ月の懲戒処分を受けました。



5854

レス記事(0件)

仕事が面倒だった。叱られたくなかった

県警勝浦署交通課の女性職員(26) | 2013年3月20日(水) 11:23:17


県警女性職員を書類送検=返納の免許、駅トイレに―千葉

時事通信 3月19日(火)22時1分配信



 自主返納された運転免許証などを隠し、破棄したとして、千葉県警は19日、公用文書等毀棄(きき)容疑で、県警勝浦署交通課の女性職員(26)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。職員は「仕事が面倒だった。叱られたくなかった」と話しており、同日付で依願退職した。
 送検容疑は2012年6〜12月、運転免許関連の書類を署内のシュレッダーで処分したり、自主返納された運転免許証などをJR舞浜駅の女子トイレに捨てたりして、計11通の行政書類を破棄するなどした疑い。 



5853

レス記事(0件)

屋根に上ったとしている

高松南署地域課の男性巡査(24) | 2013年3月20日(水) 11:21:33


泥酔の巡査、民家の屋根上った疑い 香川

産経新聞  香川県警は19日、泥酔して民家の屋根に上ったとして、住居侵入の疑いで高松南署地域課の男性巡査(24)を書類送検するとともに、戒告の懲戒処分にした。県警は同日、巡査を警務部人事課付に異動させた。

 送検容疑は2月4日午後10時ごろ、高松市の女性(56)方の敷地に侵入し、屋根に上ったとしている。巡査は同僚らとの懇親会で飲酒した帰りだった。

 県警によると、巡査は「被害者の方には心からお詫び申し上げ、深く反省している」と話しているという。堺道夫監察課長は「大変ご迷惑をおかけした。再発防止に指導を徹底していく」と謝罪した。



5852

レス記事(0件)

書類送検で済ませたことについての明確な説明責務を

市民オンブズマン | 2013年3月19日(火) 15:59:56


元警視の不祥事:市民オンブズマン、県警本部長に明確な説明要望 /佐賀

毎日新聞 3月19日(火)13時2分配信



 県警の50代男性元警視が窃盗容疑で書類送検され、懲戒処分を受けた問題で、市民オンブズマン連絡会議・佐賀は18日、今回の不祥事について内藤浩文県警本部長に対し明確な説明を求める要望書を提出した。
.

 要望書では「元警視を逮捕しなかった理由についての説明は、紋切り型の言い回しで県民を愚弄(ぐろう)している」と主張。「書類送検で済ませたことについての明確な説明責務を果たすよう」求めた。
 またこの日は、県警本部で緊急署長会議が開かれ、内藤本部長が「警察幹部による不詳事案で、不見識極まりなく、誠に遺憾。再発防止を徹底し、県民の信頼回復に努力が必要である」と訓示した。



5851

レス記事(0件)

現金8万8000円などが入った財布を

佐賀県警の50代男性警視 | 2013年3月16日(土) 15:57:4


<佐賀県警>警視を書類送検 拾った財布窃盗容疑

毎日新聞
 佐賀県警の50代男性警視が昨年11月にパチンコ店に落ちていた財布を盗んだとされる問題で、県警は15日、警視を窃盗容疑で佐賀地検に書類送検し、停職6月の懲戒処分にした、と発表した。警視は県警刑事部刑事企画課の刑事指導官で、同日付で依願退職した。

 容疑は昨年11月25日午後1時半ごろ、佐賀県小城市のパチンコ店で、個室トイレに客の男性が落とした現金8万8000円などが入った財布を盗んだとしている。

 県警によると、警視はこの日、休日だった。数日後、現金などに手を付けないまま財布を佐賀市内の川に捨てたという。財布は見つかっていない。警視は「魔が差した。本当に申し訳ないことをした」と話しているという。【蒔田備憲】



5850

レス記事(0件)

殺人や強制わいせつ事件などの捜査書類約140点と証拠約10点

、刑事総務課の37歳の警部補 | 2013年3月16日(土) 15:53:58

警視庁警部補 捜査書類など2年放置

日本テレビ系(NNN)  警視庁の警部補が事件の捜査書類や証拠を2年余り放置していたことがわかった。

 警視庁によると、刑事総務課の37歳の警部補は10年、八王子署で過去に担当していた殺人や強制わいせつ事件などの捜査書類約140点と証拠約10点を持ち出したまま、放置していた。2年余り、個人で保管していたが、事件のほとんどは現在も捜査が継続中だという。

 さらに、同じ頃、この警部補は交際していた女性の依頼を受けて女性の父親の犯罪歴を調べ、女性に漏らしていた。

 警視庁は停職3か月の懲戒処分とし、警部補は15日付で辞職した。



5849

レス記事(0件)

金属バットやドライバーなどの証拠品を自宅

警察署勤務の男性警部補(53) | 2013年3月16日(土) 15:52:12


県警警部補 証拠隠滅疑い 調書など自宅に200点余

愛媛新聞ONLINE
 松山西署で保管すべき窃盗など21事件の被害届や供述調書などの捜査書類193点と証拠品11点を自宅に隠したとして、愛媛県警刑事部は15日、公用文書毀棄(きき)と証拠隠滅の疑いで、当時の同署地域課係長で県内警察署勤務の男性警部補(53)を松山地検に書類送検した。監察官室は15日、警部補を停職3カ月の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。
 監察官室は任意捜査とした理由を「容疑を認め、逃走や証拠隠滅の恐れもなく、余罪や自殺の可能性がないため」とした。氏名や現在の所属などは明らかにしていない。
 容疑は同署の地域課係長だった2012年3月29日ごろ、同署1階の地域課ロッカーから、09年4月〜12年3月に発生したり、容疑者を摘発したりした事件の書類のほか、金属バットやドライバーなどの証拠品を自宅に持ち帰り、証拠を隠滅するなどした疑い。
 警部補は「難しい事件の処理を後回しにしていた。廃棄することも打ち明けることもできず、持ち帰るしかなかった」と話し、「警察の信用を損ねる罪を犯し申し訳ない」と反省しているという。



5848

レス記事(0件)

いずれもずさんな証拠品管理に端を発しており

 大阪府警 | 2013年3月14日(木) 16:41:4


3署で「時効送致」とうそ=ずさん証拠管理、6人書類送検―大阪府警

時事通信
 大阪府警は13日、吹田、淀川、南堺の3署で、時効を迎えた事件を送検していないにもかかわらず、内部書類に「時効送致」などと虚偽記載したとして、警察官6人を虚偽無印公文書作成・同行使の疑いで書類送検し、うち4人を減給の懲戒処分とした。いずれもずさんな証拠品管理に端を発しており、6人は「業務監察で指摘を免れるため、適正に処理したと装った」と話しているという。



5847

レス記事(0件)

メモ書きやメールなどの形で男に提供し

 静岡地検沼津支部の検察事務官の女(30歳代) | 2013年3月14日(木) 16:34:47


検察事務官、捜査情報を交際中の男に漏らす

読売新聞


 静岡地検沼津支部の検察事務官の女(30歳代)が、交際中の男(同)に捜査情報を漏らした疑いがあるとして、静岡県警は13日、同支部や2人が同居していた同県富士宮市の自宅など十数か所を国家公務員法(守秘義務)違反容疑で捜索した。

 県警は男にも同法違反(そそのかし)の疑いがあるとみて、双方から任意で事情を聞いた。容疑が固まれば書類送検する方針。

 捜査関係者によると、別の児童福祉法違反事件の捜査過程で、容疑者らの携帯電話の通話履歴を調べた際、2人の関係が浮上した。女は、児童福祉法違反事件とは別の事件の情報を、メモ書きやメールなどの形で男に提供し、捜索では、県警から地検沼津支部に送られた書類も見つかったという。男は暴力団関係者と交遊があり、県警は、捜査情報がどのように利用されたか調べている。

 静岡地検の千葉雄一郎次席検事は同日、「捜索を受けたかどうかもコメントできない。捜査の進展を見て対応を考えたい」と話した。

 検察事務官は捜査情報を知りうる立場にあり、国家公務員法上の守秘義務がある。



5846

レス記事(0件)

それぞれ1通の供述調書を作成し

元巡査部長、中谷嘉治被告(37) | 2013年3月8日(金) 16:26:14

関係者の聴取怠り調書捏造、元巡査部長に刑猶予

 交通事故関係者の聴取を怠り、供述調書を捏造したとして、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた岐阜県警の元巡査部長、中谷嘉治被告(37)=同県関市=に、岐阜地裁は8日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 山田耕司裁判長は判決理由で「警察の職業倫理が疑われ、供述調書の信用が害された。刑事責任は重い」と指摘。一方で、執行猶予の理由を「捜査段階から事実関係を認め反省している。職を辞すなど社会的制裁も受けている」とした。

 判決によると、岐阜北署交通課に勤務していた2011年11月と12年2月、衝突事故2件について、車を運転していた当事者や目撃者計6人の聴取をしていなかったのに、それぞれ1通の供述調書を作成し、上司に提出した。

 県警が昨年4月、書類送検するとともに停職3カ月の懲戒処分とし、中谷被告は依願退職。昨年12月に在宅起訴された。



5845

レス記事(0件)

虚偽の報告書を作成したなどとして

前首席矯正処遇官の男性(48) | 2013年3月8日(金) 16:20:59

受刑者暴行、隠蔽の疑い 刑務官5人を書類送検
2013.3.8 15:46
 札幌刑務所(札幌市)は8日、受刑者に暴行したとして、特別公務員暴行陵虐の疑いで前処遇部長の男性(58)を書類送検した。前処遇部長の暴行を隠蔽するため、虚偽の報告書を作成したなどとして、虚偽有印公文書作成の疑いで前首席矯正処遇官の男性(48)ら4人を書類送検した。

 ほかに書類送検されたのは、前統括矯正処遇官(37)、同(39)、主任矯正処遇官(36)の男性3人。札幌刑務所によると、5人は刑務官を続けているが、主任矯正処遇官を除き、異動した。

 送検容疑では、前処遇部長は平成23年9月20日、所内の懲罰審査会で男性受刑者が大声で騒ぎ指示に従わなかったことに腹を立て、肩や胸ぐらをつかんで押す暴行を加えたとしている。昨年8月に法務省矯正局に情報提供があり発覚した。



5844

レス記事(0件)

許可なくサウナや病院などへの通院を

本部署の前署長(60) | 2013年3月8日(金) 16:7:54


前本部署長、停職3カ月 許可無く寄付金募る

沖縄タイムス
 県警は7日、県警本部長の許可無く寄付金を集め、署員や関係者との懇親会などに使ったとして、本部署の前署長(60)を停職3カ月の懲戒処分にした。
 県警によると、前署長は昨年7月、本部町で開催された防犯啓発イベントの資金造成のため、地元の関係者や警察官OBらから寄付金19万2千円を募った。このうち13万円を懇親会などに使った。服務に関する訓令では、本部長の許可無く寄付金を募ることは禁止されている。前署長は「不適切だった」と認めている。
 勤務時間に許可なくサウナや病院などへの通院を繰り返すなどの職務怠慢があったことも処分理由に含まれた。
 前署長は昨年12月に警務部付となっており、3月末に定年退職の予定。村田隆本部長は「極めて遺憾。関係者や県民に深くおわびする。再発防止に努める」とコメントした。



5843

レス記事(0件)

事件現場の写真やネガも持ち帰っていたが

日南署地域課の男性巡査長(30) | 2013年3月2日(土) 17:38:52

被害届3件隠す、宮崎県警巡査長を書類送検
 宮崎県警は1日、日南署地域課の男性巡査長(30)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分とし、公用文書毀棄きき容疑で宮崎地検に書類送検した。

 発表によると、巡査長は2008年9〜10月、事件3件の被害届を自宅に隠すなどした疑い。「処理が面倒くさかった。提出が遅れて上司に叱られるのが怖かった」などと供述したという。巡査長は1日、依願退職した。

 上司が昨年10月、巡査長が勤務日誌を書いていないのに気付き、過去の捜査書類などを調べて発覚。ほかに事件現場の写真やネガも持ち帰っていたが、捜査に支障はなかったという。



5842

レス記事(0件)

他にも77人分の盗撮動画が

警視庁第9機動隊の警部補(58) | 2013年3月2日(土) 17:33:46


懲戒処分:店舗で盗撮容疑、巡査長書類送検 田無署所属、停職3カ月−−警視庁 /東京

毎日新聞  渋谷署は1日、新宿区の雑貨店などで盗撮を繰り返したとして、田無署の巡査長(31)を都迷惑防止条例違反容疑で東京地検に書類送検した。警視庁人事1課によると「欲望を抑えられなかった」と容疑を認めている。同庁は同日、停職3カ月の懲戒処分とし、巡査長は辞職した。

 人事1課などによると、書類送検の容疑は昨年10月26〜30日、小型ビデオカメラをカバンに仕込むなどして、84人の女性のスカート内を盗撮したとしている。自宅のパソコンなどを調べたところ、他にも77人分の盗撮動画が見つかったという。

 また、茨城県警は1日、酒気帯びで当て逃げ事故をしたとして、警視庁第9機動隊の警部補(58)を道交法違反容疑で水戸地検土浦支部に書類送検した。

 書類送検の容疑は昨年11月20日、茨城県牛久市内で、酒気帯び状態で乗用車を運転。道路脇のブロック塀にぶつける物損事故を起こしたが、警察に届け出なかったとされる。

 警部補は今月1日付で停職3カ月の懲戒処分となり、辞職した。【岸達也】



5841

レス記事(0件)

未決勾留日数を看過したまま

 広島地検は山口刑務所 | 2013年3月2日(土) 16:50:53


元受刑者不当に拘禁 検察官ら3人を懲戒 広島地検、減給1月

産経新聞
 広島地検は山口刑務所で元受刑者の男性を56日間長く服役させたミスについて1日、執行指揮をした検察官と書類を作成した検察事務官2人の計3人を減給1月(100分の5)の懲戒処分にしたと発表した。また、監督者の検察官と検察事務官の計2人を戒告とした。

 地検によると、元受刑者の未決勾留日数を看過したまま執行指揮書を作成したため、刑期終了日翌日の昨年5月3日〜6月27日の間、不当に拘禁したなどとしている。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]

管理者 謎の管理人